戻る


キャベツと厚揚げの中華炒めレシピ 格段においしくなる2つのコツとは?

 穀物や野菜を中心とした食事法、マクロビオティック。この連載では旬の食材を使った簡単マクロビレシピを紹介します。

 オールベジとは思えないしっかりしたおいしさと食べごたえは、週末のブランチや友人の集まるパーティレシピにもぴったり。ストイックになりすぎない「ゆるマクロビ」をはじめましょう。

◆「キャベツ」のマクロビレシピ

キャベツと厚揚げの
ピリ辛中華炒め

 基本の中華風ピリ辛ごまソースのバリエーションレシピ第3弾は、柔らかい春キャベツを炒め物にします。

 シンプルな炒め物ですが、ポイントを押さえることで、さらにおいしく仕上げることができます。

 ここでは2つのポイントを押さえて作ってみてください。

 まず厚揚げを熱湯で茹でてしっかりと油抜きすること。こうすることで酸化した古い油をおとし、ソースの味が馴染みます。

 続いてピリ辛ごまソースに少量の葛粉を入れとろみをつけることで、具材にソースが絡みしっかりとした味わいになりますよ。

 キャベツはキャベジンという成分が含まれ、胃の粘膜を強くする効果があります。キャベジンは加熱に弱いので加熱しすぎないように、強火でさっと炒めて仕上げると良いでしょう。

「キャベツと厚揚げの
 ピリ辛中華炒め」のレシピ

■材料

【基本の中華風ピリ辛ごまソース】
・豆板醤:小さじ1
・味噌:小さじ2
・にんにく、生姜:各1/2片
・煮切りみりん:大さじ2〜3 ※煮切りみりんの作り方は基本の和のたれベースを参照のこと
・醤油:小さじ1
・ごま油:大さじ1
・芝麻醤:大さじ1 ※白練りごま、またはタヒニ(ごまペースト)でも良い

 この分量で作った「基本の中華風ピリ辛ごまソース」を今回は大さじ3使用。

【調味液】
・「基本の中華風ピリ辛ごまソース」:大さじ3
・醤油:小さじ2
・水:大さじ1
・葛粉:小さじ1

【キャベツと厚揚げの
ピリ辛中華炒めの材料】
・キャベツ:120g
・もやし:50g
・パプリカ(赤):1/2個(種を除いておく) 
・厚揚げ:1丁分
・ごま油:大さじ1
・仕上げ用ごま油:小さじ1

■作り方

(1) 基本の中華風ピリ辛ごまソースを作る。にんにく、生姜はすりおろしておく。

バットの上、左から時計回りに醤油、煮切りみりん、すりおろした生姜、にんにく、芝麻醤、ごま油。小皿に入っているのは豆板醤と味噌。

(2) ボウルに味噌と豆板醤、芝麻醤、にんにく、生姜、ごま油を入れてよく混ぜる。続いて醤油、煮切りみりんを加えて完成。

まずすりおろした生姜、にんにく、芝麻醤、ごま油を混ぜてから、液体の醤油と煮切りみりんを加えて混ぜ合わせると馴染みやすい。

(3) 調味液の材料のうち、水で葛粉を溶かしてから、残りの材料を全て入れて混ぜ合わせておく。

(4) 鍋に湯をわかし、厚揚げを入れて2、3分以上しっかりと茹でて油抜きをする。

(5) キャベツ、パプリカは食べやすい大きさに、厚揚げは縦半分に切ってから、厚さ2cmにスライスする。もやしはさっと熱湯を回しかけておく。

(6) フライパンにごま油を熱し、強火でキャベツともやし、パプリカ、厚揚げの順に炒める。

(7) 全体に油が馴染んだら火を弱め、調味液を加えて具材全体に絡ませる。

(8) とろみがついたら火を消し、仕上げ用ごま油を加えて器に盛る。

ワンポイント

野菜類は弱火で炒めると水っぽくなるので強火で短時間で仕上げましょう。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網