戻る


スリランカ・コロンボでまた爆発、前日標的となった教会付近

スリランカの中心都市コロンボにある「聖アンソニー廟」付近で、警察による爆弾の処理中に発生した爆発で、現場に散乱した自動車の残骸(2019年4月22日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】(写真追加)スリランカの中心都市コロンボ(Colombo)の教会付近で22日、爆発があった。警察当局者が明らかにした。警察が、発見された新たな爆弾の処理を行っていた最中だったという。

 今回の爆発による負傷者やその規模に関する情報は、現時点では入っていない。

 爆発があったのは、同市にある教会「聖アンソニー廟(びょう、St Anthony's Shrine)」から約50メートル離れた場所。同教会は、前日の21日に発生し、計300人近くが死亡した爆弾攻撃の標的となった教会3か所のうちの一つだった。

【翻訳編集】AFPBB News

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網