戻る


思わず「俺の彼女、性格わるっ…」と感じた瞬間

付き合いたての頃は、ラブラブでお互いの悪い部分はあまり見えていません。

しかし、付き合いが長くなってくると、ちょっとの油断から相手に幻滅される行動をとってしまっている可能性があります。

今回は、男性が思わず、自分の彼女のことを性格が悪いと感じた瞬間をご紹介します。

過去の話を出してくる

「けんかをした時に、過去の話を何回も出してきてた彼女。

一応解決したことなのに、ネチネチと言われて、性格の悪さを感じた」(26歳/営業)

過去のことをいつまでも根に持って、ことあるごとに彼氏を責めていませんか?

過去のことを引きずってしまうのは、女性の特徴。でも、それを理解できない男性は多いのです。

過去はもう変えることはできないので、一度決着がついたことであるなら、もう蒸し返さない方がいいでしょう。

けんかをした時や、同じ過ちをされた時など、「あの時も……」と言いたくなるかもしれませんが、ここはぐっとこらえるようにしてください。

友達の悪口を言う

「さっきまで仲良さそうに話していたのに、別れた瞬間その子の悪口を言い出して、思わずこいつ性格悪っ!と思った」(22歳/販売)

他人の悪口や陰口を言っていると、彼氏に幻滅されてしまうでしょう。

それが友達だったらなおさら。

一緒に楽しい時間を過ごしたいと思っているのに、デートでの会話の内容が悪口や陰口ばかりだったら楽しくありません。

また、自分のことも、こんな風に悪口を言われているのかと思われても仕方ありません。

誰にだって不満や愚痴を言いたいときはあると思いますが、彼氏の前ではあまり言わない方が無難です。

八方美人である

「誰にでもいい顔をして、いつも相手の反応を気にしていた彼女。

自分を守るために平気で嘘をついているのを見た瞬間は、性格悪いなーと感じた」(28歳/メーカー勤務)

人との付き合い方が上手である八方美人。

誰とでも仲良くなることができる傾向があるので、一見彼女としてはプラスなのでは?と思われがちです。

しかし、八方美人は度を過ぎると彼から性格が悪い女と思われてしまいます。

彼の前で平気で嘘をついていませんか?嫌われることを恐れて、自分の気持ちを隠していませんか?

いつも彼に合わせてばかりいると、性格の悪さだけでなく、彼女として物足りなさも感じさせているかもしれません。

彼との信頼関係を築きたいのであれば、時には本音で話すことも必要です。

常に内面を磨いておこう

彼の前で、当てはまる行動をとっていませんでしたか?

性格は、すぐに直せるものではありません。

彼とずっとラブラブでいたいなら、外見だけを気を付けるのではなく、内面も常に磨いていきましょう。

彼女としてだけでなく、人としても魅力的に成長することができますよ。

(愛カツ編集部)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網