戻る


門外不出の伝説のバスクチーズケーキ!

バスクチーズケーキ(15cm)

写真拡大

よろスィーツ! スイーツ芸人のスイーツなかのです。

最近世間をにぎわせている、あのスイーツを皆さんはもう食べられましたか? そう、「バスクチーズケーキ」です。年が明けてから、少しずつ目にはいってくることが多くなったバスクチーズケーキの文字。ルビーチョコレートに続く、2019年のスイーツ界のトレンドのひとつになりそうな勢いです。

ただ、「そもそもバスクチーズケーキってなに?」「なんで黒いの?」「焦げた失敗作?」など、まだまだそんな声も聞こえてきそう。なので、まずはバスクチーズケーキのこと、少しお話しますね。

名前の“バスク”は、スペインとフランスの国境付近の地域のこと。つまり、バスクチーズケーキとはバスク地方で作られたチーズケーキのことです。味の特徴としては、レアとベイクドの中間のような食感が楽しめます。

普通のチーズケーキに比べるとオーブンでしっかり焼き上げるので、日本では黒いチーズケーキのイメージもありますが、本場のバスク地方では焼き色が付いているだけで真っ黒なチーズケーキはないそうですよ。

さて、こっからが本題! だいぶ長くなってしまいました(笑)。

日本でも増えつつある数あるバスクチーズケーキの中でも、どうしてもここのバスクチーズケーキのことは、たくさんの人に知ってもらいたいのです。

それが、2018年7月、白金高輪に誕生したバスクチーズケーキ専門店「GAZTA」です。読み方は、ガスタ。バスク語でチーズという意味です。個人的には、いまのバスクチーズケーキブームの火付け役は、GAZTAの誕生が大きいと思うほどの存在感です。

では、GAZTAのいったい何が他と違うのか。

それは、“門外不出の伝説のバスクチーズケーキ”の作り方を、世界で唯一教えてもらった方が手掛けたお店だから。

スペイン寄りのバスク地方には「サンセバスチャン」というバルが建ち並ぶ“美食の街”として知られる場所があります。その中に『ラ・ヴィーニャ』という有名なバルがあり、ここのチーズケーキがとにかく有名。

世界中のパティシエが、作り方を教えて欲しいと依頼が殺到するレベルです。それでも依頼は全て断り、代々家族以外の人は厨房にも入れずに、徹底してチーズケーキのレシピを守っていました。

しかし。

GAZTAのシェフは、その熱い想いで、ラ・ヴィーニャの気持ちを動かしたのです。

何度も電話をかけ、日本から手紙を書き、ひたすらに気持ちを伝え続けました。すぐに想いが通じることはありませんでしたが、アプローチをしてから約2年ほど経った頃。ついに、その熱意が通じ、世界で初めてラ・ヴィーニャの厨房に入ることを許されたのです!
?
これだけでも本当にすごいことですが、そのチーズケーキを食べられるぼくたちは本当に幸せだと、この記事を書きながら改めて思います。

ラ・ヴィーニャで教わったことは、GAZTAの入口にも垣間見られます。穴の開いた木の板がずらっと並ぶ光景。これは、オーブンから取り出したチーズケーキを上に置き、上質ななめらかさを出すために、熱を逃すのだそう。なんと焼き上げてから、5〜6時間も置いておくんですって!これぞ、本場ラ・ヴィーニャのスタイル。

濃厚かつクリーミーなチーズと香ばしさ。スフレのようなふわっとした食感もありながら、中はなめらかかつしっとりなくちあたりが際立ち、これぞバスクチーズケーキという力強さ。

とにかく、この美味しさ、バランスをぜひ体験してもらいたい。チーズは、ヨーロッパから厳選されたチーズをブレンドすることなく一種類で勝負しているそうで、チーズ好きの方も大注目です。

長々と書いてしまいましたが、ここまで読んでくださった方、ありがとうございます。いつもの記事の倍以上の文字数だけど、このストーリーには、ぼくも熱意を持って応えたかったので、たまにはこんな回も。

バスクチーズケーキ食べてみたいと思ったら、まずはGAZTAをよろスィーツ!

【編集部注】
オンラインショップで売り切れになっている場合、翌営業日の朝10時からの再販売となります。

商品名:バスクチーズケーキ(15cm)

販売:GAZTA

文:お取り寄せの達人:スイーツなかのさん(スイーツ芸人)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網