戻る


見た目も使用感も革命的!? ブルガリタワーで行われた「jouz」の新商品発表会に行ってきた

見た目も使用感も革命的!? ブルガリタワーで行われた「jouz」の新商品発表会に行ってきた

写真拡大

銀座の一角にそびえる「ブルガリ 銀座タワー」。去る4月8日、その1フロアを借り切って、ラグジュアリーなイベントが行われた。「jouz(ジョウズ)」という会社の新製品発表会。それに呼ばれるという僥倖に巡り会えたので、その様子をここで紹介しよう。



新製品「jouz 20 Pro」は最高品質の本革を使用し、職人がハンドメイドで製作


ジョウズとは、昨年夏にIQOS互換機である加熱式タバコの「jouz 20」を開発・販売するベンチャー企業。“加熱式タバコ”のジャンルを超えて、多くのエンジニア・デザイナー・マーケターなどが集まって立ち上げたのだとか。昨年6月以降、日本でスタートして現在では韓国など世界7カ国で展開・展開予定。日本では「ジョウズ・ジャパン」としてビジネスを広げているところだ。



さて、そうこうしているうちに、フロア前方の大きなモニターの前にジョウズ・ジャパンのスタッフが登場。早速新製品の紹介プレゼンテーションが始まった。昨年発売した「jouz 20」に次ぐ新製品は、「jouz 20 Pro」。なんと最高品質の本革を使用し、職人がひとつひとつハンドメイドで作っているのだとか。



国際的に権威のあるデザイン賞の1つである「iFデザインアワード2019」も受賞しているそうで、おかげで見た目はグッと高級に。“機械感”が前面に出ていたこれまでの商品とは一線を画し、まるで葉巻のようなラグジュアリーなガジェットになっている。



ジョウズではコンセプトを「気ままに、楽しむ」から「自由は、進化する」にリニューアル。とりわけ「自由」という言葉にこだわっているようで、吸う人も吸わない人も気持ちよく、そして自由に楽しめるような製品づくりを目指しているそうだ。



スマホアプリとも連携して“自由”を追求


加熱式タバコはここ数年で急速に市場が伸びているジャンル。2018年には喫煙者の20%が何らかの加熱式タバコを使うようになっているという。そこでジョウズでも加熱式タバコでより“自由”を追求したガジェットを生み出しているというわけ。

それが新製品の「jouz Pro 20」にも現れていて、高級本革だけではなくてBluetoothでスマホアプリと連携して加熱温度を3段階調整できたり、チャイルドロックをかけたりすることもできるようになっている。見た目のグレードアップのみならず、ガジェットとして楽しみながら、かつ安全に使用できるような心くばりも満載なのだ。



さらに、タバコではなくフレーバーだけを楽しむVAPEにも進出予定。「jouz S」と名付けて5つのオリジナルフレーバーとともに発売を目指しているという。また、こうした取り組みを一層広く周知するべく、SUPER GTへのスポンサードも決定。会場にジョウズの各製品を体験できるブースを設けることも発表された。



そうした新商品発表が終わると、それらの商品のタッチアンドトライと軽食・ドリンクのサービス。多くの招待客が興味深そうに“ガジェットとして楽しめる加熱式タバコ”である「jouz 20 Pro」に見入っていた。スマホとの連携という発想も、さまざまなジャンルのスタッフが集まって開発に取り組むジョウズならではと言えそう。 “自由を進化“させる新ガジェットに、これからも注目が集まりそうだ。



・jouz 20 Pro/Amazon

・喫煙は、あなたにとって肺がんの原因の一つとなり、心筋梗塞・脳卒中の危険性や肺気腫を悪化させる危険性を高めます。
・未成年者の喫煙は、健康に対する悪影響やたばこへの依存をより強めます。周りの人から勧められても決して吸ってはいけません。
・たばこの煙は、あなたの周りの人、特に乳幼児、子供、お年寄りなどの健康に悪影響を及ぼします。喫煙の際には、周りの人の迷惑にならないように注意しましょう。


[PR企画:ジョウズ・ジャパン × ライブドアニュース]

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網