戻る


ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

運動をしたり食事制限をしたり、「今度こそやせよう」と、さまざまダイエット法を試してみるものの、なかなか続けられず、成功まではほど遠い日々。

できるだけ手軽に続けられる方法を探していたところ、『人生を変える夜はちみつダイエット』(わかさ出版)に出会いました。

自身も25kgの減量に成功した著者の田井祐爾(たい・ゆうじ)先生は、ダイエットに失敗してきた人に向けて「大さじ1杯のはちみつが解決します!」と断言します。

夜はちみつダイエット、2つのルール

本書を読んでいちばん驚いたことは、その手軽さ。たった2つのルールを守ればOKなのです。

その1:いつもの夕食の糖質の質にこだわり、減らす。

その2:寝る前30分〜1時間前に、大さじ1杯のはちみつを摂る。そして寝る。

『人生を変える夜はちみつダイエット』2、3ページより引用

さまざまなダイエット法と比べても、格段に簡単! これなら生活に取り入れやすく、忙しい人でも続けられそうですね。

やせない原因は、睡眠の質の低下かも

でも、寝る前のはちみつなんて、逆に太らないのでしょうか?

その疑問に対し、田井先生は、はちみつを摂ることで「寝ている間に、どんどん脂肪を燃焼してくれる」と言います。

私たちの体は、睡眠中に脂肪をエネルギーとして使ってメンテナンスをしているのですが、そこで大切なのが、“睡眠の質”

ぐっすり眠れないとメンテナンスが十分にできない状態、つまり脂肪をエネルギーとして使えなくなるそう。「寝るとやせる、寝ないと太る」ように体はつくられていると知り、驚きの連続です。

大切なのは、メンテナンス作業を管理する脳に十分なエネルギーを補充しておくことです。

不足すると、筋肉をエネルギーとして使うことになるため、脂肪は燃焼しても、太りやすい体をつくることになります。

『人生を変える夜はちみつダイエット』8ページより引用

つまり、睡眠の質を落とさず、脳にエネルギーを補充するのにもっとも適した食品が「はちみつ」というわけなのです。

4週間で5.4kg減った人も……

実際、4週間の夜はちみつダイエットを体験した6人中5人が、減量に成功したのだとか。四国にあるクリニックで院長を務める田井先生は、地元はもちろん、県外の人たちにもダイエット指導をしています。

「『夜はちみつ』ダイエットは、そんな患者さんたちにすすめてきたダイエット指導のなかでも、とくに効果のあった『やせる方法』です」と田井先生。中には大きく効果が出て、体重は5.4kg、腹囲は6.1cm減ったという人も

しかも、脂肪量が減り、お腹まわりもすっきりしました。今回のチェック項目には体重や脂肪量だけでなく、インスリン抵抗性や成長ホルモンの分泌能などもありましたが、すべての項目でおおむね改善。改めて夜はちみつ効果を実感することができました。

『人生を変える夜はちみつダイエット』76ページより引用

8割以上の人が成功したと聞き、さっそく始めたくなりました。また、このように目に見える効果を実感できれば、さらにやる気が出て続けられそうです。

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網