戻る


自信たっぷりのお見合いをすませた男女が、まさかの「お断り」をされた理由

「お断り」されるには、それなりの理由がある

写真拡大

 お見合いをしたら、話がものすごく盛り上がった。これはいい感触! 「今度、食事にでも行きましょう」と言って別れたし、お相手からは“交際希望”がくると思っていたのに、まさかの“お断り”。「えっ、何で?」という経験をしたことはありませんか? 
 婚活ライターをしながら、仲人としてもお見合い現場に携わる筆者が、目の当たりにした婚活事情を、さまざまなテーマ別に考えていく連載。今回は、『感触がよかった相手から、なぜ“お断り”をされたのか』です。

“男慣れ”“お見合い慣れ”は、敬遠される

 結婚相談所の場合、お見合いの結果はそれぞれの仲人に報告することになっています。交際になった場合には、仲人を通じての連絡先交換となるのです。

 なぜ、こんなめんどくさいことをするのでしょうか? 

 これは片方がとても気に入っても、お相手はそうじゃないこともある。そんなとき、お見合いの席で、「連絡先を教えてください!」と言われると返事に窮してしまいますよね。「いや、あなたとは、この先の交際を考えていません」とは面と向かって言いづらいものです。

 先日、男性会員の孝夫さん(38歳、仮名)が波江さん(35歳、仮名)とお見合いを終えて、早々と「今回はお断りでお願いします」と連絡をしてきました。ところが、その後、波江さんの相談室からは、“交際希望”の連絡がきました。

 私は、ご縁がなかった旨をお伝えしました。すると、波江さんの仲人さんから、お電話をいただきました。

「すません、お断りの理由を何かお聞きしていますか? 弊社の会員が申しますには、すごく盛り上がって2時間近くお話をしていたようなんですね。お互いに野球好きで、カープファンなのがわかって、『じゃあ、今度カープの試合を見に行きましょう』という話も出たそうなんですよ」

 この電話を切った後に、私はすぐに孝夫さんに連絡を入れました。

「今日、お見合いをした女性と、カープの試合を一緒に見に行く約束をしたの?」

「いや、約束というか、野球の話になって流れで、そんな話にもなりました」

 断ろうと思っているお相手に、また会うことを約束するような言葉を言うのは、お見合いではご法度です。友達や仕事仲間の間で、「じゃあ、今度ごはんにでも行きましょう」と言って、その約束が実行されないことはままあります。でも、お見合いでは、こうした社交辞令はお相手を傷つけるだけなのです。

 私は、孝夫さんに言いました。

「お断りしようと思っているお相手に、いくら会話の流れだからと言って、できない約束をしてはダメなのよ」

彼女を“お断り”しようと思った理由

 すると、孝夫さんは言いました。

「すいません。僕の中で彼女への見方が、お見合いしている間に二転三転したものですから」

 まず女性は、お見合いに遅れてきたそうです。それは、5、6分程度だったのですが、遅刻の理由が、「カフェに入ろうとしたら、LINEが入ってきてしまって」というものでした。

「なんのLINEかはわからないけど、即レスしないといけないことだったのかな、と。それで5分遅れるって、どうなんだろうと思ってしまいました」

 お見合いに遅刻は厳禁。10分前には到着しているというのが不文律です。

「ただ話をしてみたら、すごく明るい人でサッカーや野球などのスポーツ好きという趣味も一致して楽しかったんですね。スポーツの話で盛り上がっていくうちに、遅刻して来たことは僕の中で帳消しになっていたんですよ」

 そして、カープの話になり、「今度、一緒に試合を見に行きませんか?」と言われ、「はい、行けたらいいですね」と、相槌(あいづち)を打ってしまったというのです。

 しかし、また気になることが出てきました。お見合いの後半になってくると、最初は“ですます調”で話していた言葉遣いが、だんだんとタメ口に変わっていったというのです。

「それって、こちらに親しみを持ってくれたからだと思うんですが、なんか“男慣れ”している気がしちゃったんですよね」

 そして、お見合いが終わり、お会計の段となりました。二人で席を立ってレジに向かうと、お金を払う孝夫さんの後ろをスッと通って、波江さんはお店の外に出て行きました。

「僕が払い終えて店の外に出ると、『ごちそうさまでした』の言葉もなく、『ぜひ、カープの試合に行きましょうね』と言われたんです。『ごちそうさまでした』の言葉もなく当たり前の顔でレジの前を素通りされて、“なんだかなぁ”と思ってしまったんですよ」

 お見合いのお勘定は、男性持ちというのもお見合いの暗黙のルールです。しかし、当たり前の顔でそれをされてしまうと、“男慣れ”に続いて“おごられ慣れ”“お見合い慣れ”していると思われてしまいます。

 “見せ財布”という言葉があるのをご存じですか? 

 男性とお茶や食事をした後に、「あの、お支払いは?」と、バッグの中から財布を取り出してチラ見せさせる。男性はこれを女性からされたのとされなかったのでは、払うときの気持ちが大きく違うのですよ。そして、「ごちそうさまでした」の言葉も忘れてはいけません。

お見合いでは、将来を見据えてのジャッジをする

 合コンとお見合いでは、同じ男女の出会いでも、お相手を見る目が明らかに違います。

 合コンは、“楽しくおしゃべりできる気の合う異性に出会えればいい”と思って参加しています。そこから連絡先を交換し、何度か会っていくうちに好きになって、結婚を考えるようになる。結婚は後づけなんです。

 ところが、お見合いは“結婚相手”を探す出会い。会話を交わしながらも、“この相手との結婚は考えられるか”というのを常に頭においています。ノリのよさやタメ口が、逆効果になることもあるのです。

 ただここで注意しなくてはいけないのは、結婚を意識しすぎた会話をするのも、また失敗する要因になる。

 先日、こんなことがありました。

 お見合いを終えた男性会員が、「すごく楽しく話ができました」と、弾んだ声で伝えてきました。男性は地方に住んでいる方で、都内の女性とのお見合いでした。

「僕の仕事のことや趣味のこと地元のことを話して、『こっちにお嫁にきても、なんの心配もいらないし、全力でサポートをします』と言ったら、笑顔でうなずいてくださいました」

 ところが、お見合い後の女性のお返事は、“お断り”でした。理由は、こうでした。

「自分のことばかりを楽しそうに話されていて、こちらの話は全く聞いていただけませんでした。お相手を好きにならなければ、遠方にお嫁にいく決心はつきませんし、結婚してからも自分優先で私の話を聞いてもらえなかったら、寂しいなと思ってしまったんです」

 こうした事例からもわかるように、「今日のお見合いは、すごく盛り上がったし楽しかった」と思っても、お相手から「交際希望」がくるとは限らないのです。“お断り”されるには、そこにお断りをされる理由があるのです。

 そこが難しいのですが、それこそが“ご縁”であり、男女の“相性”なのかもしれません。

鎌田れい(かまた・れい)◎婚活ライター・仲人 雑誌や書籍などでライターとして活躍していた経験から、婚活事業に興味を持つ。生涯未婚率の低下と少子化の防止をテーマに、婚活ナビ・恋愛指南・結婚相談など幅広く活躍中。自らのお見合い経験を生かして結婚相談所を主宰する仲人でもある。公式サイト『最短結婚ナビ』http://www.saitankekkon.jp/

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網