戻る


衆院沖縄3区補欠選挙で無所属・屋良氏が初当選確実

衆議院沖縄3区の補欠選挙は、米軍普天間基地の名護市辺野古への移設反対を訴え、野党側から支援を受けた無所属の新人・屋良朝博氏が自民党の新人を破り、初当選を確実にした。NHKニュースが報じた。

屋良氏は56歳で、沖縄の新聞社・沖縄タイムスで論説委員や社会部長などを歴任し、現在はフリージャーナリストとして活動している。

2月の県民投票で辺野古沖の埋め立てに反対が多数となったのに続き、今回の選挙で移設反対を訴えた候補者が勝利したことで、玉城知事は移設阻止に向けた働きかけを強めるものと見られる。

・衆院 沖縄3区補選 無所属 屋良氏が当確(NHKニュース)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網