戻る


ポドルスキがボールボーイに暴言!?  生まれ故郷ポーランドからも厳しい声

時折、熱くなりすぎる場面が見受けられるポドルスキ photo/Getty Images

写真拡大

ヴィッセル神戸に所属する元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキのとった行動が、海外でも注目を集めている。

20日に行われた明治安田生命J1リーグ第8節で、神戸は浦和レッズとアウェイで対戦した。フアン・マヌエル・リージョ監督が退任するとともに吉田孝行氏が指揮官に復帰し、新たな体制で臨んだ神戸だが、開始10分にPKで失点。その後、ゴールを奪い返すことができずに0-1で敗戦し、3連敗を喫している。

リージョ監督が辞任した直後に、キャプテンを降りることを発表したことで、この日はキャプテンマークを巻かずにプレイしていたポドルスキ。SNSで「キャプテンマークは返しても変わらないのは、これからもみんなのリーダーとしてチームを引っ張って行くこと」と明かしていた。そんなキャプテンシーをもってこの試合へ臨んだと思われるが、少々熱くなりすぎ、行き過ぎた行動を取ってしまったのかもしれない。

問題のシーンは1点ビハインドで迎えた59分。ボールがタッチラインを割った際、ポドルスキは素早くリスタートをしようとして手元にボールを要求したが、ボールボーイは転がしてボールを渡した。これに対してポドルスキは少しイラっとしてしまったのか、ボールボーイに対してドイツ語で「ボールをよこせ、クソ野郎」のような暴言を吐いていたようだ。ちょうど近くの音声マイクがその発言を拾っており、ドイツメディア『sport1』などが報じた。

そして、この件についてポドルスキの生まれ故郷であるポーランドメディアも注目(ポドルスキはポーランド生まれのドイツ育ち)。『SUPER EXPRESS』は「ポドルスキがとんでもない行動。少年に暴言を吐いた。選手たちは試合中、メンタルのコントロールを失うことが多々あるが、時々それがピッチ外へ向けられることがある」と取り上げている。もしかしたら今後、何かしらの処分が科される可能性も。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網