戻る


本木雅弘はなぜ“脱ジャニーズ”できたのか 初の“父子共演”にも注目


日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を2度受賞 ©文藝春秋

 本木雅弘(53)と、長男でモデルのUTA(うた)(21)の“初共演”が実現した。4月13日から流れているテレビCM「サントリー天然水 GREEN TEA」でのことだ。

「メインはUTA演じる学生だが、彼が仕事中の本木をスマホで写真に撮ろうとし、気づいた本木が手を振る場面がある。UTAは固くなっていたそうだが、本木は『正直、恥ずかしい』と言いながらも『不思議な時間の流れ』と感慨深げでした」(放送記者)

 この父子には身内の不幸が相次いだ。昨年9月の樹木希林(享年75)、今年3月の内田裕也(享年79)。本木にとって義父母にあたる。

「妻・内田也哉子(43)との結婚の際に婿養子に入った本木は、妻とともに葬儀を仕切り、4月3日の裕也さんの『お別れ会』では『滞りなくこの会を終えたことはある意味、奇跡だと思う』と述べていた。生前の希林さんに『内田家を頼む』と哀願された約束を守り、男を上げた。気丈に振る舞う、父親似のイケメンにして190センチの長身、UTAの姿にも注目が集まり、父子初共演はテレビ界も狙っていた」(芸能デスク)

本木が“脱アイドル”できた理由

 本木は1982年、薬丸裕英(53)、布川敏和(53)とともに「シブがき隊」としてジャニーズ事務所からデビュー。だが、3人の不協和音から6年後に解散。本木は事務所を離れた。

「翌年、周防正行監督の映画『ファンシイダンス』に坊主頭で主演、いち早く俳優への転身も図りつつも、92年に出場した紅白歌合戦ではコンドームをぶら下げた衣装でパフォーマンス。“脱アイドル”を鮮烈に印象づけた。2009年『おくりびと』がアカデミー賞外国語映画賞を受賞して以降は、押しも押されもせぬ大物俳優です」(同前)

“脱アイドル”“脱ジャニーズ”の最たる成功例とも評される本木。

「まだジャニーズが本格的に俳優に進出していない時期で、直接古巣とバッティングしない道を選んだことが奏功した。主演にはこだわらず、出演作を厳選。『日本のいちばん長い日』(15年)の昭和天皇役は出色だった。来年のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』での斎藤道三役もどんな本木カラーを出すか、注目されている」(映画関係者)

 迷える現役ジャニーズ勢にとって、何よりのお手本。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2019年4月25日号)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網