戻る


早くもブレイクの予感……「東京独身男子」は「おっさんずラブ」を超えられるか

早くもブレイクの予感……

写真拡大

「東京独身男子」(テレビ朝日系)の初回視聴率は、いきなり5.7%を記録した。なにせ土曜の深夜(23:15〜翌0:05)の「土曜ナイトドラマ」枠であり、同枠で昨年大反響を呼んだ「おっさんずラブ」の最高視聴率(最終回)と同じ数字だという。早くもブレイクの予感……。

 高橋一生(38)、斎藤工(37)、滝藤賢一(42)という人気俳優3人を取り揃えた効果とは?

 ***

【画像】高橋一生と斎藤工の2ショット

 4月13日にスタートした「東京独身男子」。近年、ドラマや映画に出ずっぱりの3人の男たちの役どころは――。

 高橋演じるメガバンクの企業リサーチ部シニアアナリストの石橋は、分析力と洞察力に長けた、バランスの良い組織人。努力家で仕事熱心ではあるが、持ち前の“観察眼”が逆作用し、恋愛はスムーズにいかない。

早くもブレイクの予感……

 斎藤は半年前に離婚し“独身市場”にカムバックしてきた審美歯科クリニック院長の三好を演じる。滝藤は2人の兄貴分で、大手弁護士事務所のボス弁で、長く待たせている年下の彼女もいる。

 いずれも高収入で、おしゃれな部屋に住み、長い一人暮らしで家事能力も抜群と、スペックは高い。さらに、人並み以上の容姿も持ち合わせているにもかかわらず、「結婚は女に自由を与え、男から自由を奪う」「男に結婚適齢期はない」を合い言葉に、独身ライフを楽しむ“AK(あえて結婚しない)男子”だ。

「実際に目の前にいたら、少々嫌味なくらいの恵まれた男たちで、高級マンションの一室などは、昭和のトレンディドラマを彷彿とさせるものでしたね。アナクロな感じもしましたが、やはりイケメン3人を揃えて、初回からそれぞれにキスシーンはあるわ、斉藤に至っては歯科治療用のイスを使ってのカラミ……、かつての『特命係長 只野仁』(テレビ朝日系)を思い出しました。ただし、このドラマの脚本・演出は女性ばかり。なので、あそこまでエロくはなりませんでしたね」(芸能記者)

 脚本は「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです」(TBS系)や「中学聖日記」(同)の金子ありさ。演出は「未解決の女 警視庁文書捜査官」(テレビ朝日)や「不機嫌な果実」(同)の樹下直美と、「昭和元禄落語心中」(NHK総合)のタナダユキ、「僕とシッポと神楽坂」(テレビ朝日)の松本喜代美だ。

話題作りに死角なし

「主題歌は高橋一生に歌わせるなど話題作りも上手い。放送中にはTwitterで『#東京独身男子』がトレンド1位となったほか、『AK男子』などのキーワードもSNSで取り上げられていました」(同)

 ネット上では以下のような声が溢れている。

〈高橋一生×斎藤工×滝藤賢一の“イチャイチャ”が「アホでかわいい」〉

〈東京独身男子おもしろいなー。皆ハイスペックだけどちょっとイタい笑〉

〈『東京独身男子』軽くてなかなか面白い。「女はその本質をSNSのアイコンにかくしている」言い得て妙。〉

〈開始から僅か30分でメインキャスト(高橋一生、斎藤工、滝藤賢一)全員のキスシーンを拝める謎のドラマ〉

〈東京独身男子で斎藤工と桜井ユキのキスシーンがエロすぎたので悶絶〉

 だが3人とも、キスした相手をきっかけに大きな転機が訪れる。高橋は元カノ(高橋メアリージュン[31])と偶然再会し、これまでの思いを打ち明けるが、彼女には婚約者がいた。

 斉藤は自分を無視し続けた桜井ユキ(32)と、ようやくコトに及ぼうとするもののEDを発症。

 滝藤は父親が要介護となり引き取ることになって、彼女に結婚を申し込むが「介護要員なら他を当たれ!」と出て行かれてしまう。

 このまま一人で生きていっていいものかと悩む3人……。「東京独身男子」のタイトルを覆しかねない展開となって初回は終了したのである。

「第2話の予告では、傷心旅行なのか3人で露天風呂に浸かっているシーンがありました。イケメン3人のハダカで釣る気のようで、なかなか考えています。他にも斉藤の妹役で出演している仲里依紗(29)は、どうやら高橋に気があるようです。また、斎藤とキスシーンを演じた桜井ユキは、R15指定映画『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリーピング ビューティ』で高橋の初めてのラブシーンを務めた間柄でもある。ファンにとっては、なかなか気を持たせるキャスティングにもなっています」(同)

 はたして「おっさんずラブ」のように映画化の話が出るほどのヒットとなるか?

週刊新潮WEB取材班

2019年4月20日 掲載

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網