戻る


被害者バッシングの標的にも……セウォル号事故で生存した元高校生のいま

「息子のことはね、そりゃあ、1日たりとも忘れることなんかありませんよ。

 でも、あの事故のことは忘れよう、忘れようと努力している。そう努めて毎日を送っている。生きている者は生きていかなければいけませんから」

 李さん(仮名)の息子さんは沈没した旅客船、セウォル号で働いていた。

 旅客船、セウォル号の大惨事(2014年4月16日)から5年が過ぎた。


セウォル号引き揚げを見守る遺族たち ©Getty Images

 毎年、4月に入るとセウォル号に関連した報道が増えるが、今年は少し様相が違った。「青いズボンのおじさん」として多くの人を救助したことで知られたトラック運転手や檀園高校の生存者のインタビューなども報じられた。

 大惨事に遭った人たちが少しずつでも話ができるようになってきているのだなあ。そう思い、李さんに連絡をしてみた。

乗組員=悪とされていた事故発生当初

 李さんとは、事故現場となった珍島郡内の体育館で初めて会った。下着一枚で逃げ出した船長をはじめ、世論により乗組員=悪とされていた頃で、李さんは体育館の一番後ろにひっそりと座りながら、こんなことを訥々と語った。

「乗船前だったのでしょう。息子から妻の携帯に、大金ではないですが、お金を振り込んで欲しいというメッセージがあったんです。いつもなら、何に使うのかあれこれ詮索してうるさく言うのですが、その時は不思議と何か必要なんだろう、そう思って理由も訊かずに振り込んでやれと妻に言ったんです。今、考えるとあれは三途の川を渡る六文銭だったのかもしれない……。あれこれ問い詰めて振り込まなかったら、ずっと後悔するところでした……」

 その後、5月に入ってようやく息子さんの遺体は引き揚げられ、後に、最後まで客の救助に奔走したことも分かった。たくさんの友人が弔問にやってきて、いつも両親の健康を気にかけていたことも知らされた。事故から2年ほどはポツポツとやりとりをしていたが、ある時、こう言われた。「記者さんと話すと、どうしてもあのつらい事故を思い出してしまう」。

 久しぶりに連絡をすると、李さんの声には力があって、元気な様子が伝わってきた。うれしかった。けれど、今回も李さんには同じことを言われた。

「セウォル号の話はもうしたくないんだよね。他のことなら、いつでもなんでも話できるんだけどさ」

生存した高校生たちはいま

 セウォル号沈没事故では476人の乗客らのうち304人が犠牲となり、そのうちの250人は修学旅行で済州島に向かっていた檀園高校の高校生だった。

 事故があってから間もなく高校近くに設けられた生徒の合同焼香所を訪ねると、どこか幼さを残した遺影がずらりと並んでいた。あまりの夥しいその数に胸が押しつぶされそうになった。

 この事故では自力で脱出して助かった生徒が75人いた。当時、亡くなった生徒の父親に話を聞いた際、こんなことを話していた。

「うちの娘も飛び込む一歩手前まで来たそうですが、飛び込む勇気がなかったのか引き返してしまったと生き残った生徒のひとりから聞きました。小さい頃から怖がりでしたから……」

 事故後、檀園高校のスクールドクターを2年務めた後、檀園高校のある安山市内で、「心を包む 精神の健康医学科医院」を開いたキム・ウンジ医院長に話を訊いた。

「4月に入ると病院を訪ねてくる人が増えるんです。事故が起きた時と同じような天気や気温、空気などを感じるとその時の感覚に戻ってしまう。セウォル号の生存者や遺族の中には、桜を見ただけでも思い出したり、3月になって窓を開けるとふと暖かい風が入ってくることがあるじゃないですか、そんな風に当たっても思い出してしまったりするのです。

 ただ、時間が経てば人は忘れようとしますから、少しずつその感度は鈍ってはいくのですが、セウォル号惨事の場合は、被害者が傷ついたほとんどの原因が外にありました。ですから、社会の雰囲気やマスコミなどが被害者に及ぼす影響はとても大きくて、被害者の心の解決を遅らせてしまうことが頻繁に起きてしまう。

 セウォル号惨事の場合は、事故の特殊性もあって最初は心配する声も多く、被害者支援もありました。しかし、政治に振り回されて、共感されたと思ったら批判の対象になったりと、葛藤が繰り返されました。その過程で被害者への誤解が生じて中傷されたりして人を信じることができなくなってしまった子もいました」

「そろそろ市民の気持ちも考えてほしい」と地元民

 安山市では、犠牲になった高校生を追悼する追慕館を建築する案がようやくまとまったが、建設予定地となった場所を巡ってはまだ反対の声が上がっている。

 建設予定地は安山市民の憩いの場として知られた場所で、安山市内でたまたま乗ったタクシー運転手は、「予定地は他にもいくつかあったんですよ。それを遺族の後ろにいる市民団体がどうしてもあの場所にしたいと言い張って聞かない。こちらは建設するなと言っているのではなく場所を考えてくれと言っているだけです。命を落とした高校生はかわいそうだと思うけれど、何もわざわざ市民の憩いの場所に立てる必要性はない。もうそろそろ市民の気持ちも考えてほしい」と話していた。

 キム医院長は言う。

「誰もが想定できたことを問題が大きくなってからようやく着手した行政に問題がありますが、追慕館に反対するプラカードを目の当たりにした生徒やその遺族は酷く傷つきました。

 こうした社会的な問題は解決したという結果ではなく、どう解決していったかというその過程がとても大事で、今回その過程は被害者にとってとても残忍なものでした」

生存した高校生たちは消防、警察、看護などへ

 それでも、生き残った生徒の中には少しずつ前へ歩み始めている子もいると話す。

「被害者は皆、セウォル号の被害者であったことを隠して萎縮しているだろうという思い込みもあるようですが、社会的な影響が強い事故であるぶん、思いもかけないことから驚くような治癒が生まれることもあります。生徒に訊くと『社会奉仕者や消防、警察、看護、心療治療』など人を助ける職業を選択する子が多い。これは、あんな惨事の中でも助けてくれた人がいて、手紙や物資を送ってくれた人がいた。つらい人生かもしれないけれど、よりよく生きるにはどうすればいいのかを考え始めていて、トラウマを克服して成長している子もいるのです」

 キム医院長だけでなく、他の心療医師も事故直後、被害者やその遺族に接する前にとても緊張したという。

「これほど圧倒的な惨事を経験したことがなかったですから、どうすればいいのだろうと緊張しました。でも、ある高名な心療医師から言われました。『be human』。人間らしくしなさいと。人の気持ちを100%理解することはできませんが、理解しようと努力しているというメッセージを変わりなく、続けて出していくことが大事なのです」

 4月16日、遺族らは檀園高校のある安山市での追悼行事や引き揚げられたセウォル号の船内、事故が起きた珍島の海、そして、セウォル号が出発した仁川などをそれぞれ訪ねていた。また、ソウルではいまだ判然としない沈没の原因や、朴槿恵前政権が証拠をねつ造し、事故の真相究明を担っていた特別調査委員会を強制的に解散させるなど真相究明のための調査を妨害したとする疑惑について明らかにするよう訴える記者会見も開かれた。

 李さんは16日、追悼行事には参加せず、キム医院長はいつも通り、訪れるだろう人を病院で待った。 

 そして、檀園高校の生存者のひとりは、安山市で行われたセウォル号5周忌記憶式で、失った友人の遺族の前で友に宛てた手紙を読み上げた。

「あなたたちへの懐かしさは少しの罪悪感とも似ている」と。

 そして、「あの時の能力のなかった大人のようにはならないよう、懸命に努力していく」と。

 彼女は救急救命士の道に進んでいる。

(菅野 朋子)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網