戻る


ウィキリークス創設者アサンジ氏が暴露した「米国の戦争犯罪」が凄まじすぎる

ウィキリークスのツイッターでは、アサンジ氏逮捕を懸念する書き込みが殺到している

写真拡大

◆米国機密情報70万件以上をウィキリークス上に公開

 4月11日に英国ロンドンで逮捕された、内部告発サイト「ウィキリークス」創設者ジュリアン・アサンジ氏。同氏は2010年に性的暴行容疑(本人は否認)で逮捕され、保釈中にエクアドルに亡命申請し、同国大使館に2012年8月から籠城していた。

 今回の逮捕について、ロンドン警視庁は「定められた裁判所への出頭を怠ったため」と説明するが、米国司法省はアサンジ氏が政府の機密情報への不正アクセスに関与したとして同氏を起訴した。英国に引き渡しを求めている。

 アサンジ氏は2010年、陸軍情報分析官(当時)のブラッドリー・マニング氏(*)が得た、対テロ戦争関連の米軍機密情報70万件以上をウィキリークス上に公開。米国政府関係者らを激怒させた。

(*)マニング氏はトランス・ジェンダーで、その後性別を男性から女性に変更。名前もブラッドリーからチェルシーに改名。

 とりわけ、イラク首都バグダッドで米軍の攻撃ヘリがロイターの記者ら一般市民を銃撃して殺害した映像の流出は、米国防総省に強い衝撃を与えた。本記事では、ウィキリークスが暴露した膨大なイラク戦争関連の機密情報の中から特筆すべきものを取り上げる。

◆米軍ヘリによる、ロイター通信記者らの殺害

 米軍の攻撃ヘリ「AH-64 アパッチ」による攻撃で、ロイター通信の記者であるサイード・チャマグ氏(享年40歳)、ナミール・ヌール・エルディーン氏(享年22歳)らが殺害されたのは2007年7月12日のことだ。

 バグダッド東部での掃討作戦中、米軍の攻撃ヘリのパイロットは住宅街を歩いているサイード氏、ナミール氏ら20人ほどのグループを発見。このグループのうち、2名ほどが自動小銃のようなものを持っていたことや、パイロットがサイード氏のカメラの望遠レンズをRPG(対戦車ロケット弾)と誤認したことから、丸腰の者も含めて30mm機関砲弾で掃射した。

 ナミール氏は必死に逃げようとしたが、撃たれて死亡した。さらに、負傷して地面を這いずっていたサイード氏、彼を助けようとワゴン車で駆けつけた人々も攻撃を受け殺害されてしまった。国際人道法では、負傷者は戦闘員とはみなされず、敵味方関係なく保護するべきと定められている。

 米軍の攻撃ヘリのパイロットがサイード氏を反米武装勢力メンバーだと誤認していたとしても、負傷者や救護者を攻撃した行為は、戦争犯罪とみなされ得る。実際、中東衛星テレビ局「アルジャジーラ」にコメントを求められた国際人道法の専門家は「戦争犯罪にあたる可能性が高い」と指摘した。

 サイード氏とナミール氏が殺害されたことについて、ロイター通信は米軍に記録映像を開示するよう要求したが、米軍は開示を拒否していた。だが、ウィキリークスが前述のマニング氏から提供された映像を2010年4月に公開。米国を含む各国のメディアから米軍への批判が殺到した。

◆米軍がイラク警察・軍による拷問・殺害を放置

 ウィキリークスによって暴露されたイラク戦争関連文書については、各国のメディアが共同で分析を行った。そうしたメディアの一つ、英紙『ガーディアン』は、ウィキリークスが暴露したイラク戦争関連の文書をもとに「米軍は、イラクの警察や兵士による虐待や拷問、レイプ、殺人に関する何百という報告を放置した」として、関連記事をいくつも配信している。

 2010年10月22日付の同紙記事によれば、2009年12月23日付の米軍公電の中で、「イラク軍の将校に捕虜を虐待し、殺害した映像を見せられた」との記述があるという。

 その映像には、イラク軍兵士らが捕虜を殴るなどの暴行を加え、銃殺する一部始終が記録されていた。だが、米軍を中心とする在イラク多国籍軍の返答は「調査の必要なし」というものだったのだ。
  • 1
  • 2
  • 3

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網