戻る


マツコ、“甘え上手な人物”に持論展開「ズルイなって思っちゃダメ」

マツコ、“甘え上手な人物”に持論展開「ズルイなって…」

写真拡大

4月17日に放送されたテレビ朝日系『マツコ&有吉 かりそめ天国』に出演したマツコ・デラックスが、“甘え上手な人物”についての持論を展開した。

マツコ、関ジャニ村上に直球質問「家賃いくらなの?」

番組では、“人と仲良くなるのが苦手で、仕事中に何か困ったことがあっても、他人に甘えることができず抱え込んでしまう。一方で、他人にうまく甘えられる同僚や友人は、周囲から可愛がられていて羨ましい”という内容のメールが紹介された。

マツコはこの相談に対し、「羨ましがってる同僚って、本当に甘えてるだけなのかな」と疑問を投げかけ、「だって上司の人の機嫌良くしたりするのは、部署全体にとってやらなきゃいけないことじゃない」と補足し、他人にうまく甘え、空気を和らげてくれる存在の必要性を語った。

さらに、「だとすると、その(甘えられない)人が不得手な、ちょっと(相手を)持ち上げて『わー』みたいなことを羨ましいなと思ってる人も、大好きでやってるかどうかわからないじゃない」とし、「雰囲気を良くするためにさ、ピエロみたいになって…」とし、甘え上手な人物が人知れず苦労しているのではないかと話した。

加えて、マツコは「どっちが得かって言われると、どっちなんだろう。甘えられる方が得は得なのかなあ」と語った上で、「得は得なんだろうけど、ズルイなって思っちゃダメよってことよね」とし、「(体調が悪い日など)色んな日があっても、常にその係を背負わされてるわけだから」とコメントして、甘え上手な人物に対して同情するような心境を覗かせた。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網