戻る


ROLAND(ローランド)「デブは甘え」「浮気はしょうがない」“名言炸裂”で会場ざわつく「収拾がつきません!」<ViVi Night>

「ViVi Night in TOKYO 2019 〜SPRING PARTY〜」に出演したローランド(C)モデルプレス

写真拡大

【ローランド/モデルプレス=4月18日】現代ホスト界の帝王・ROLAND(ローランド)が18日、東京・新木場スタジオコーストにて開催された雑誌「ViVi」主催ファッションイベント「ViVi Night in TOKYO 2019 〜SPRING PARTY〜」に出演した。

【さらに写真を見る】ROLAND、今日もオーラ溢れる…

大歓声に迎えられたローランドはゆっくりとウォーキング。オーラ溢れるランウェイに、司会を務めたバービーは興奮気味に「すごい!歯が白い!何使っているか教えて〜?」とおねだり。「美味しいものを食べたら白くなっちゃう」といつも通りに返していた。

◆ローランド様、悩める読者のためにお悩み相談に回答


さらにステージでは悩める読者のためにローランドがお悩み相談に回答。「人と比べてしまう。どうしたら自分に自信が持てるか」という問いには「マラソンをしているとして、目の前に人が写る順位って何位?2番め以降の人ですよね?トップになれば周りに人はいない。人の視線や意見が気になる場合は、頑張って1番を目指す。雑音が入ってくる場合は1番じゃないってこと」とアドバイスを送り「またいいこと言っちゃったよ、おれまあ俺の場合は、順位関係なく、眩しくて未来が見えないですけどね」とにやりと口角を上げた。

続けて「ダメンズばかりと付き合ってしまう。浮気ばかりされてしまう」というお悩みには「ダメンズが好きな女の子は結構いる。ダメンズは自分の承認欲求を満たしてくれる。つまり自信のない女性がダメンズに引っかかりやすいので、自信を持つことが大事」と分析しつつも「でも、簡単にダメンズかどうか見極める質問があるんです。良いなと思った男性がいるとするじゃないですか。『あなたはローランドですか』と聞いて下さい。『うん』と言ったら良い男です」と“ローランド節”を炸裂させた。

会場がローランドに圧倒されるとバービーも思わず「会場がざわついて収拾がつきません!」とコメント。ローランドは続けて「浮気はしょうがない。魅力があればされないんだから。『浮気するするな』は理不尽。みんなが良い女なら浮気されないんだから」とバッサリきっていた。

他にも「デブは甘えだと思っている。普通に生きてたら太らない」「全知全能のローランドをもってしても『ローランドってたいしたことない』という声もある。でも小さい子にロマネ・コンティを出すよりもサイダーをあげるほうが喜びますよね。自分が最高だったとしても、みんながみんな良さを分かるわけではない」など名言を連発していた。

◆「ViVi Night in TOKYO 2019 〜SPRING PARTY〜」テーマは“パステル”


「ViVi Night TOKYO」は毎年開催されるViViモデル総集結のイベント。今回のドレスコードは「パステル」で、MCをお笑いタレントのバービーとタレントの川瀬良子が務める。

ViViモデルによるオリジナルファッションショーを始め、RIRIやKAHOHによるアーティストライブも展開。さらに現代ホスト界の帝王・ROLAND(ローランド)や俳優の佐野勇斗といったゲストが登場し、「ViVi」読者約2,300人を動員したイベントは今年も大盛り上がりとなった。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網