戻る


【澤登正朗の転機】実は永遠のライバル・ジュビロ入りの可能性があった

【澤登正朗の転機】実は永遠のライバル・ジュビロ入りの可能性があった

写真拡大

1992年、澤登正朗は大学を卒業するとできたばかりの清水エスパルスに入団し、2005年にユニフォームを脱ぐまで清水一筋でプレーを続けた。

Jリーグは発足当時こそ移籍に対してマイナスの反応もあったが、時代が変わってそんな感情が薄れた後も澤登は別のクラブのユニフォームに袖を通すことはなかった。

そんな「一本気」の澤登だが、実は清水に入らない可能性もあった。薄々周囲の期待を理解してはいたものの、まだ決断を下しかねていた時期もあったのだ。

ところがそんなとき、新聞を読むと知らないうちにレールが敷かれて発表されている。澤登はさすがに驚きを隠せなかったそうだ。

清水に入った後も、クラブの経営危機から他チームに移籍することも考えられた。年俸減に加え、熱心に誘ってきたクラブもあったという。それでも澤登は清水を離れることなく、クラブへの愛を貫いた。

「転機」にあって澤登は何を思ったのか。今、澤登は指導者として学生を育てながら何を考えているのかと併せて話を聞いた。

【取材:日本蹴球合同会社・森雅史/写真:高野宏治】

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網