戻る


「日本の小学校でずっといじめにあってきた」クルド人少女が声を上げた!からかいやトイレ閉じ込め

埼玉県川口市の小学校を今年3月(2019年)に卒業したクルド人の少女が、6年間いじめを受け続けたと声をあげた。

クルド人は「国を持たない世界最大の民族」と呼ばれ、3000万人の人々がトルコやイラクなど中東の国々で暮らしている。トルコ国籍を持つ少女の両親は2009年に、安心して暮らせる環境を求めて日本へやって来た。

少女は川口市内の公立小学校に入学したが、「いじめは1年生からありました。名前でふざけたり、名前の一部をとってあだ名にしたりされました」と話す。6年生の時には、女子児童11人にトイレに2時間閉じ込められたこともある。「トイレから出たら、何度も蹴られて、また押されてトイレに入って、そこにいて気持ち悪くなりました」という。

教室で「机を蹴られて、椅子を引っ張られて、何度も何度も背中を蹴ってきて、めまいがするようになって、死んじゃうのかなって思った」こともあった。少女の背中にできたあざを見つけた両親が学校に確認したが、対応してもらえなかったという。

『スッキリ』取材に学校は開き直り「いじめはあったが指導した」

少女はショックで小学校を休むようになったが、卒業式には勇気を振り絞って出席した。少女が洋服に隠して撮影した動画には、「やばい、鼻が伸びてきた。鼻が伸びた、鼻が伸びた」と鼻が高いのをからかう男子や、式のために新調した洋服を「うんこ色の服装だよ」という揶揄があった。

少女はこの動画を学校側に見せたが、「校長先生に信じてもらえなかった」と少女の母親は話す。「スッキリ」が学校を取材すると、「いじめはあったと認識しています。子ども同士のトラブルやいじめを含め、他の児童と同じように丁寧に相談に乗り、一つ一つ指導してきました」と開き直った。

子どものいじめの背景に親たちの偏見

日本で小中学校・高校に通う外国人児童生徒数は、2014年の約7万8000人から2018年には約9万9000人と増えている。外国人が日本語教育を受けられるよう支援しているNPO法人のピッチフォード理絵さんは、「子どもがそういう行動(いじめ)に出るというのは、大人がその風潮を作っているからだと思います。大人がまず外国につながる人々を認めるということが大切だと思います」と話す。

近藤春菜キャスター「外国から来た子がクラスにいるのは、どれだけ世界が広いかを学ぶチャンスなのに・・・」

司会の加藤浩次「いじめをした子の親に対する教育プログラムが必要じゃないかな」

現在は中学校に通うこの少女の将来の夢は、医者になることだ。「大人になれない子どもたちを助けたい」という。頼もしい少女だ。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網