戻る


Intel、5Gスマーフォン向けモデム事業から撤退

画像提供:マイナビニュース

写真拡大

Intelは4月16日(米国時間)、「Intel to Exit 5G Smartphone Modem Business, Focus 5G Efforts on Network Infrastructure and Other Data-Centric Opportunities|Intel Newsroom」において、5Gスマートフォン向けモデムのビジネスから撤退する意向であると発表した。

さらに、パソコンやIoTデバイスまたはそのほかのデータセントリックデバイスにおける4G/5Gモデムのビジネス機会評価も終了するという。

Intelは既存の4Gスマートフォン向けモデムに関しては顧客の要望に対応していくとしているものの、2020年に予定していた5Gプロダクトを含め、スマートフォンの市場に対して新たに5Gモデムを提供することはないとしている。こうした決定の理由としては、5Gスマートフォン向けモデムビジネスでは収益を確保するための明確な道筋を見出すことが難しいことが挙げられている。

Intelは5Gのスマートフォンモデムビジネスからは撤退するが、5Gネットワークインフラストラクチャ事業への投資は継続するとしている。収益の見込める分野に関しては、5Gへの取り組みを続けることで利益を確保していくと見られる。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網