戻る


LINE Payが専用アプリ、使えるお店を地図上で探せるマップ機能も

画像提供:マイナビニュース

写真拡大

LINE Payは17日、コミュニケーションアプリ「LINE」上で展開するモバイル送金・決済サービス「LINE Pay」の専用アプリをリリースした。同日からAndroid向けに提供しており、Google Playから無料でダウンロードできる。

決済サービス「LINE Pay」は、LINEアプリの機能のひとつとして、2014年12月にサービスを開始。2018年の取り扱い額は1兆円、ユーザー数は2019年4月時点で国内最大級の3,200万人にのぼるという。

今回提供を開始したLINE Payアプリは、店頭決済に利用する機能のみをLINEアプリから独立させたもの。要望が多かったという、LINE Payが使えるお店のマップ機能も搭載した。また、LINEアプリ側にも決済機能は残るため、LINEアプリからでもLINE Payアプリからでも、LINE Payを使うことができる。

LINE Payアプリの主な機能は、コード支払い機能、使えるお店マップ、使えるお店一覧、クーポンなど。コード支払いでは、コード読み取り(MPM)とコード提示(CPM)の両方に一画面内で対応。30万円以下の支払いではパスワード入力不要でコードが表示されるが、設定でパスワード入力を必須にすることもできる。

また、使えるお店マップでは、位置情報取得を許可することで、現在地周辺のLINE Pay対応店舗をマップ上で見つけられる。検索窓も用意し、行きたい場所にある対応店舗を探すことも可能。使えるお店やクーポンは一覧でも表示でき、各クーポンはアプリ上で受け取れる。

対応バージョンはAndroid 5.0以降。なお、iOS版は近日提供予定だという。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網