戻る


東大生が教える「文章が苦手」が一瞬で治るコツ


「文章が苦手」という人が苦手なのは、「文章」ではなく「事前準備」なのかもしれません(画像:花火/PIXTA)

偏差値35から奇跡の東大合格を果たした西岡壱誠氏。そんな彼にとって、東大入試最大の壁は「全科目記述式」という試験形式だったそうです。

「もともと、作文は『大嫌い』で『大の苦手』でした。でも、東大生がみんなやっている書き方に気づいた途端、『大好き』で『大の得意』になり、東大にも合格することができました」

「誰にでも伝わる文章がスラスラ書けるうえに、頭も良くなる作文術」を新刊『「伝える力」と「地頭力」がいっきに高まる 東大作文』にまとめた西岡氏が、文章を書く前にぜったいやるべき、3つの「準備」について解説します。

書けないのは「準備が足りない」だけ

「文章が全然思いつかない」「書きたいことはぼんやりあるんだけど、文字にすることができない」


そんなふうにお悩みの方はいらっしゃいませんか? 僕はずっと、この悩みと付き合ってきました。読書感想文の課題で文章が全然書けなかったり、国語の記述問題にどう答えていいかわからなかったり、友達に用件を伝える文章を書くのにも苦労したり……。

文章って意外といろんなところで使いますよね。連絡も企画書も議事録も報告書もSNSも感想文も記述問題も、全部広義の「作文」です。でも、「どう文章を作ったらいいのか」ということで、意外とみなさん悩まれているのではないでしょうか?

作文嫌いな僕にとって、東大入試は大の鬼門でした。全科目記述方式、問題によっては600文字以上の作文が求められる東大を攻略するにあたって、「どうして文章が書けないのか?」「どうしたら文章が書けるようになるのか?」について、徹底的に悩み抜きました。

その中で発見したのは、「書けない人は、準備が不足している」ということです。

作文ができないのはスキルが不足しているからではなく、単に準備が不足しているだけ。今からお伝えする3つの準備を事前にしておけば、誰でも文章を書けるようになるのです。

今日は、そんな書く前にやっておくべき「3つの準備」をご紹介したいと思います。

結局「何を書きたいか」一言で言えますか?

STEP1:「結論」を準備する

はじめにしなければならないのは、「結論」の準備です。

僕は現在、数多くの受験生に勉強を教えていて、その中で「文章が書けません!」と語る生徒にもよく出会います。

そう語る生徒には全員、実はある特徴があるということに気づきました。それは、「何が書きたかったの?」と聞いたときに、一言で答えられないということです。

例えば読書感想文の課題に取り組む生徒に、「その読書感想文、何が書きたいの?」と聞くと、主にこの2種類の答えが返ってきます。

「この本は、こういう本で、こういう登場人物がいて、こんな話をしていたので、それをまとめたいです」

「『この本は面白かった』って書きたいです」

一見、の回答をする生徒のほうが文章が書けそうなものですが、実は意外に作文が書けるのはの回答をする生徒です。

の回答をする生徒は、何を書くべきなのかはたくさん知っているし、僕が本について質問するとたくさん答えてくれるのですが、いざ文章にしようとすると、書けないことが多いです。逆に、の回答は、一見すごく稚拙に見えるのですが、この回答をして書けなかった生徒を、僕は今まで見たことがありません

なぜのほうが文章を書けるかというと、たとえ中身を思いついていても、結論が固まっていなかったら、文章なんて書くことができないからです。

文章というのはしょせん、「結論」の言い換えでしかありません。どんな本もどんな記事も、1つ伝えたいことがあって、その「伝えたいこと」を言い換えて文章にしているだけなのです。

先ほどの例で言うなら、「この本は面白い」という結論があれば、「この本のこういう点は【面白い】」「このシーンでは、こういうことが考えられて【面白い】」「登場人物のこういう行動は、伏線になっていて【面白い】」と、「この本は面白い」を言い換えていくらでも表現することができます

逆にのように「こういうシーンがあって……」「こういう伏線があって……」という「事実」を知っているだけの状態だと、結局何が言いたいのか考えきれていないから、文章にならない。「この本はこういう本で……あれ? いったい自分は何が書きたかったんだっけ?」と迷子になって、結局一歩も筆が進まないのです。

これに対する対処法は1つ。「これを伝えたい!」「こういうことをわかってもらいたい!」という「文章の結論」を、自分なりに準備すればいいのです。

文章の結論さえ作れれば、あとは結論に沿って、結論の「言い換え」を文章全体でしていけばいいだけです。

例えば僕は今、「文章には準備が必要だ」という結論に向けて文章を書いています。だからこそ、「文章には準備が必要だ」という結論につながらないことは一切書く気がありませんし、仮に書いても読んでいる人が「え? なにこれ?」と混乱するだけです。

結論が決まっているから、結論の言い換えとしての文章を書くことができるというわけです。

読者に「どうなって」ほしいのかを決める

STEP2:「目的」を準備する

2つ目は「目的」の準備です。僕は3つの準備の中で、これがいちばん見落とされがちだと感じています。

例えば、あなたの住んでいるマンションにこんな張り紙がしてあったとします。

当マンションでは4月15日(月)に、〇〇株式会社にお願いして住環境の定期検査を行います。これは1年に1度行うもので、当日は10〜11時の間に行います。よろしくお願い致します(その際断水になりますので予めご了承ください)。

いかがでしょうか? 一見すると、4月15日の検査についての報告に見えますが、これ、( )の中に入っている「断水」の話のほうが重要ですよね? そっちのほうが住民にとっては重大な話なはずです。

笑い話みたいですが、頑張って書いた結果、「そこのほうが重要じゃないの!?」というポイントをすっ飛ばし、どうでもいい情報ばかりを書いてしまっている文章って意外と多いです。僕も昔はメールやチャットで何かを話すとき、「お前、こっちをもっとちゃんと伝えろよ!」と言われがちでした。

なぜこういうことが起きてしまうのかというと、「目的」の準備を怠っているからです。

目的というのは、「何のために書いているか」というもの。より正確にいうならば「読者にどうなってもらいたいのか」という話です。

この文章で言うならば、「こういう検査があるよ!」という情報を共有し、さらに「断水があるから気をつけようね!」と注意喚起を行いたいわけですよね? でも後者を疎かにしたから、こういう文章になってしまったわけです。

僕だったら、先ほどの文章はこう書きます。

マンションの定期検査、および断水に関して
・4/15(月)に年に1度の定期検査を行います。〇〇株式会社にお願いしています。
・それにともない、4/15(月)10時〜11時は断水となります。当該の時間は水が出ませんので、十分お気をつけください

目的である情報共有と注意喚起を分けて書いているので、これなら「断水があるなんて知らなかった!」と言う方もいらっしゃらないはずです。

何を目的に文章を書くのか? 読者にどうなってほしいのか? 読者に対して何がしたいのか?

目的が明確でなかったり、逆に多すぎてわからなくなっている状態だと、文章を書こうと思っても何を書いていいかわからなくなってしまうのです。

というわけで、文章を書くときには、必ず目的の準備をしましょう

2種類の「目的」を使い分けよう

知っておいていただきたいのは、目的には大きく分けて2種類存在するということです。「読者にインプットしてもらいたい」という目的と、「読者にアウトプットしてもらいたい」という目的です。

前者は、情報を共有したり、報告したりして、読者に知識を提供(インプット)するものです。インプットした知識をどうするかは考えません

例えば先ほどの例の「定期検査があるよ!」というのは、言ってしまえば「だからなんだよ」と言われてしまうような情報です。しかし、言っておかなかったら「聞いてないぞ!」と怒る人が出てくるかもしれない。共有しておくべき情報があり、それを伝えたいのなら、「インプット」が目的です。

一方の「アウトプット」は、読者に知ってもらったうえで「行動」もしてもらいたいというものです。例えば「断水に気をつける」というのも具体的な読者の行動にまで変化を及ぼすわけですから、「アウトプット」です。

僕が今書いているこの文章も、「みなさんに文章を書く前に準備をしてもらいたい」と考えて執筆していますから、これも読者のアウトプットを目的としています。

アウトプットは、知ってもらうだけではダメです。きちんと行動してもらわなければなりません。だからこそ、インプットよりも多くのことを語らないとわかってもらえません。

ここで言うなら、「4/15(月)に断水があるよ!」というだけでは不十分なのです。情報共有ならそれで十分なのですが、注意するとなると「何時から何時までなのか?」というもっと詳しい情報も知りたいわけです。

情報共有だけのインプットを目的とする文章なら最低限の情報でよく、行動まで求めるアウトプットを目的とする文章なら詳しく説明しなければならない。その2つの違いを意識していないと、頭の中もごちゃごちゃして、なかなか文章にすることができないのです。

ですから、文章を書くときは「目的を明確にする」という準備をしましょう。

文章なんて「モノマネ」でいい!

STEP3:「型」を準備する

3つ目は「型」の準備です。

今から僕は最悪なことを言いますが、結局文章なんて「モノマネ」でいいんです。見よう見まねで書いてみて、後から自分流を作っていけばいいのです。はじめからスラスラ書ける人なんているわけないのに、ゼロからスタートして「書けない!」と悩んでいる人が意外と多いと思います。

そういう人の気持ちはめっちゃわかります。僕もそうでしたから。「自分で文章を書かなければ意味がない!」と、他の人がどういう文章を書いているかを知らないままにペンを持って、頑張って書こうとするんだけど全然進まない……。そういう苦しさはよくわかります。

でもこの問題は、「型」をまねすることですぐに解決できるのです。内容をまねするのはパクりですから問題ですが、構成や構造、順番や必要な要素はどういうものなのかを理解することで、格段に文章は書きやすくなります。

例えばみなさんだって「企画書を書け!」と前提知識ゼロの状態で言われても困りますよね? それこそ何から書き始めればいいかわからないと思います。

でも、先輩から「企画書において必要なのは、『1.概要』『2.企画の詳細』『3.検討の背景』『4.企画の特徴』『5.予算』だよ!」と、前に先輩が提出してOKをもらった企画書を見せられながら言われたらどうでしょうか? 書けるような気がしてきますよね?

「企画書」という漠然としたものでなく、構成要素ごとに書いていけばいいのなら、意外と問題なく書き進められるはずです。

これと同じように、読書感想文でもメールでも報告書でも議事録でも、「型」さえ準備しておけば自然と書きやすくなるのです。なので、「結論」と「目的」を準備したら、今度は「型」を準備するようにしましょう。

誰かから教えてもらうのでもいいですし、今なら本でもネットでも「型」が載っているツールはたくさんあります。もちろん全部まねしてしまう必要はありませんが、どういうことを書けば過不足がないのか、結論を伝えて目的を達成できるのかを考えながら「型」を準備することで、書くことの方向性がおおよそ見えるようになります。

ここまで準備ができれば、あとは書くだけ。「書けない!」とお悩みの方は、ぜひこの3つの準備を試してみてください!

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網