戻る


子どもの教育費のための家計&貯蓄術|いつまでに、いくら貯金が必要か?

こんにちは。家計再生コンサルタントの横山光昭です。

子どもが生まれたばかりのころは、あまり気にならないかもしれませんが、幼稚園に入る前後になると、教育費について考えていく必要があります。

もちろん、家計を上手にやりくりして生活費や貯金のバランスを考えながら教育費を捻出する必要があるので、先々を見越した計画的な貯蓄が欠かせません。

そこで、子どもの教育費に備えた家計管理と貯蓄術についてご紹介します。

横山光昭(よこやま・みつあき)

家計再生コンサルタント、株式会社マイエフピー 代表。お金の使い方そのものを改善する独自の家計再生プログラムで、これまで1万人以上の赤字家計を再生。書籍・雑誌への執筆、講演も多数。著書は55万部を超える『はじめての人のための3000円投資生活』や『年収200万円からの貯金生活宣言』を代表作とし著作は累計270万部となる。また、お金の悩みが相談できる店舗を展開するmirai talk株式会社の取締役共同代表も務める。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網