戻る


なぜ破格の“安さ”を実現できる? スシローの人気の秘密を徹底追求!

スシローは回転寿司業界で売り上げNo.1!

写真拡大

今や6000億円以上の市場規模を誇る“回転寿司”。

【写真】スシローの“サイドメニュー”にも魅力がいっぱい!

安くて美味しい回転寿司は、子どもから大人まで幅広い世代に親しまれていますよね。

今回は、そんな回転寿司の企業戦略を徹底追求。

今年2月放送の「教えてもらう前と後」(TBS系)では、回転寿司チェーン店“スシロー”の人気の秘密が明かされました。

■ スシローの“安さ”の秘密は?

現在スシローは全国514店舗を展開し、年間売り上げは回転寿司業界で8年連続第1位に輝いています。

中でも人気に拍車をかけているのがメニューの豊富さで、サイドメニューまでを含めるとその数は120種類以上にのぼるそう。

人気の寿司ネタベスト3には「まぐろ」「はまち」「いくら」がランクインし、特に“まぐろ”は35年連続で1番人気。

年間に食べられる赤身のまぐろは約5100万皿に及び、これは1秒間に3皿食べられている計算に値します。

さらにスシローでは、11種類のまぐろを100円から楽しめるとのこと。

何故まぐろをここまで安く提供できるかというと、その秘密は“寿司ネタに使えない部位”を有効活用している点にありました。

例えば通常寿司ネタとして使われない“まぐろの頭”は、“ラーメンの出汁”に使用。

“まぐろのスジ部分”は“竜田揚げ”にするなど、スシローのサイドメニューとして有効活用しています。

これにはネット上も「スシローの魅力は寿司だけじゃないんだね」「番組を見てたらスシローに行きたくなった」「今まで回転寿司でラーメンは食べたことないけど、まぐろの出汁を使ったラーメンは食べてみたいかも」といった反響の声が相次いでいました。

■ スシローの「フライドポテト」が美味しい理由は?

スシローは寿司ネタだけではなく、サイドメニューが美味しい点も魅力のひとつ。

例えばネット上を調べてみると、スシローの「フライドポテト」はあまりの人気ぶりから“ポテロー”の愛称で親しまれています。

過去には期間限定でフライドポテト専門店「ポテロー」を出店していたことも。

フライドポテトの美味しさの秘密は、「アメリカ生まれのじゃがいもを使用」「食感にこだわった製法」の主に2つ。

中でも後者に関しては、ポテトを特性の衣でコーティングすることで“香ばしい味”と“サクッとした食感”を実現しているそうです。

一方昨年10月には、大分の唐揚げ専門店「ジョニーのからあげ」とのコラボ商品「そそる! にんにくじょうゆ唐揚げ」を期間限定で販売していました。

同店は「からあげグランプリ」の中日本しょうゆダレ部門で3年連続最高金賞を受賞。

“寿司に合う唐揚げ”を目指した、スシローオリジナルの味つけが施されています。

同商品は瞬く間に人気を博し、当時のネット上では「これは美味しすぎる! 期間限定なのが勿体ない」「さっぱりした寿司と唐揚げが絶妙に合う!」「むね肉なのに驚くほど柔らかい。味つけも最高!」など絶賛の声が続出しました。

日々進化し続けるスシローの魅力。今後もどんなサービスや新商品が展開されていくのか楽しみですね。(レタスクラブニュース)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網