戻る


採用内定者のSNS投稿に笠松競馬場が公開説教 「研修で何を聞いていましたか?」「はっちゃけの予告をされると警戒しかありません」

画像は笠松競馬場のTwitterスクリーンショット

写真拡大

岐阜県の笠松競馬場の採用内定者がSNSで「来月から笠松競馬場職員になる」「本採用になったら、はっちゃけたい」などと投稿。これに対し、笠松競馬場がSNS上で投稿の意図を問いただしたことで物議を醸している。

この採用内定者は、「来月から笠松競馬場職員になるので、皆様よろしくお願い致します」とTwitterに投稿。すると、笠松競馬場のTwitterアカウントは研修担当名で、「あなたは私の研修で何を聞いていましたか?ツイッターの個人アカウント上で公営競技に携わる公務員であることを世界に発信するリスクを、どよのうに考えているのですか?4月1日に面接を行いますので回答を準備しておいてください(ツイートを削除しないこと)」(原文ママ)と問いただした。

また、「運良く引っ掛かりました」という採用内定者の投稿には、「『引っ掛けた』つもりはありません。その表現は、あなたに期待して採用する側としては、いかがなものかと考えます」と返信。「皆様の意見もお待ちしております」という呼びかけ対しては、「笠松競馬の業務上のことを(予定)職員である、あなたの個人アカウントをつかって意見を募るのは筋違い」と断じた。

さらに、「半年は仮採用なので下手なことは出来ないんですが、本採用になったら、はっちゃけたいと思ってます」という投稿もあり、これに対しては「現時点で、すでに『下手なこと』をやってしまっていることに気が付いてください。頑張る気持ちは受け入れますが、半年後に『はっちゃけ』の予告をされると、当方には警戒しかありません。4月1日に『はっちゃけ』とは何かを聞かせてくいださい」(原文ママ)と求めている。

ネットでは、開かれたSNS上で叱責する笠松競馬場への批判や、軽率な投稿を行った採用内定者を責める声など、一連のやり取りに賛否の意見が寄せられている。

「言ってることは間違ってませんが、わざわざこんな所で言わずに直接言ってください」

「こんなのはパワハラで見ていて非常に不愉快。完全に感覚ズレている」

「引っ掛けるって悪い意味に捉える意味が分からない」

「全面的に笠松競馬場のアカウントの人が正しいと思う」

「これをパワハラというのは違うでしょ 守秘義務を無視して所属をツイートた新入社員を叱責」

「公営ギャンブルである以上、公正を保つために色々気をつけるべきことがある」

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網