戻る


「錦戸亮」脱退報道の真相、芸能マスコミが書かない極めてシンプルな動機

錦戸亮

写真拡大 (全2枚)

ジャニーズと錦戸の攻防

「週刊文春」2019年3月14日号は、「錦戸亮“脱退”で関ジャニ崩壊危機」の記事を掲載。スポーツ紙が沈黙を余儀なくされる中、複数の週刊誌は錦戸亮(34)に関する続報を掲載した。その内容を表にまとめてみた。

 ***

【写真】「錦戸亮」ボコボコ事件

 渋谷すばる(37)の脱退を受けて、「1人でも欠けたら、関ジャニではない」と、嵐に似た筋を通したと解説したのが初報の「週刊文春」。「女性自身」は俳優専業の想いに焦点を当て、「FRIDAY」は女性問題に原因を求めた。そして「女性セブン」は「脱退は一時保留」としながら、「結婚願望と、安定した収入」を求める気持ちがあるとした。

 このように独立の理由に関して情報が錯綜する中、テレビ局で音楽番組に携わる関係者は「関ジャニの解散説と錦戸さんの脱退説は、どちらも昨年12月頃から囁かれていました」と振り返る。

錦戸亮

「独立の理由として、18年に渋谷さんが脱退したことを挙げる報道は少なくありません。しかし実際は違います。それより前から、錦戸さんは水面下で脱退と独立を模索していました。そこに渋谷さんが『音楽の道に進みたい』と先に脱退を訴えた。錦戸さんは『これに便乗して、関ジャニを解散させ、自分も事務所から出て行こう』と決めたんです」

 もっとも、当時はジャニーズ事務所のほうが一枚上手だった。残った6人に「記者会見は全員参加」という異例の命令を下したのだ。「渋谷が脱退しても、関ジャニは存続します」とアピールさせるためなのだが、そこには、こんな裏事情があったという。

錦戸亮の脱退問題を、週刊誌各誌はどう報じたか?

「その時点で、嵐が活動を休止することは、すでに決まっていたからです。もし先に関ジャニが解散すると、嵐も活動休止ではなく、解散という最悪の事態にもなりかねない。事務所にとって“ドミノ解散”だけは絶対に避けたかったのです。『関ジャニは絶対解散しませんよ』と主張するため、会見は全員参加となったんです」(同・関係者)

実は“世渡り上手”な錦戸

 錦戸はNEWSと関ジャニを掛け持ちするという異例の芸能活動を行っていた。これは、「事務所が錦戸のスター性に期待していた」と説明されることが多いが、この関係者によると実情は違う。

「錦戸さんは、とにかく世渡り上手な人です。確かに事務所は期待を寄せ、2つのグループを兼任させたのでしょう。しかし彼は冷静で、『どっちかコケたら、どっちかに専念しよう』と算盤を弾いていた。実際、NEWSの勢いが落ちて来た時点で、山下智久さん(33)と同時に抜け出すことに成功しました。錦戸さんは『もともと関ジャニのメンバー』という大義名分はありますけどね」(同・関係者)

 さらに関係者は「錦戸さんには風を読む才能に長けています」と続ける。

「錦戸さんは、“俳優だけで食べていきたい”という野望があるんです。常々、『ギャラが安い。俺はもっともらっていいはずだ』と周囲に漏らしていました。そして『俳優の仕事だけをやりたい。いつまでアイドルみたいに歌わなければならないんだ』と悩んでいました。独立して俳優に専念すれば、今より遙かに稼げるのは間違いありません」

 今年1月からフジテレビで放送された月9「トレース〜科捜研の男〜」の平均視聴率は10.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)という数字を残した。

「彼は独立する機会を、虎視眈々と狙っていたんです。『トレース』も、まずまずの視聴率でした。錦戸さんは、俳優一本でも食べて行けると、さらに自信を深めていると思います」(同・関係者)

 一般的に、ジャニーズ事務所の怒りを買うと、“転職”しても苦難の道が待っているイメージがある。だが、そこは「風を読む」才能のある錦戸。抜かりはないという。

「ジャニーズと揉めるリスクを背負っても、『錦戸なら欲しい』という事務所は少なくありません。また、ジャニーズと良好な関係を築いている事務所もあります。錦戸さんは、そういう事務所の幹部に狙いを定め、食事をするなどして盛んに交流を持っていました」(同・関係者)

 だが、錦戸が本気なら、ジャニーズ側も本気で独立阻止に動いている。関ジャニは嵐に次ぐ“マネー・メイキング・グループ”に育ったことは言うまでもない。この貴重な“金のなる木”が解散してしまうと、事務所の屋台骨も揺らぐ……。

「3月12日、事務所から夏のドームツアーが発表されましたが、“6人でのツアー”という異例のアピールを行っています。関ジャニ解散という最悪のシナリオを阻止するためです。『女性セブン』が“脱退は一時保留”と報じたのも、こうした事情が分かったからでしょう。事務所は本気で、今回の“錦戸脱退報道”の幕引きにかかっています。そこに錦戸さんが、どういう策を打ち出すのか、テレビ業界をはじめ多くの関係者が固唾を呑んで見守っています」(同・関係者)

週刊新潮WEB取材班

2019年3月26日 掲載

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網