戻る


アメリカ在住の「ローラ」ハリウッドスターと親密な夜

 草木も眠る午前2時30分ごろ、アメリカのビバリーヒルズ。国内屈指の高級住宅街を歩いていたのは、ローラ(28)だ。そして隣には、長身イケメンの姿。

 お相手は、ハリウッドでも「スター中のスター」、エイドリアン・ブロディ(45)だ。ブロディは、2002年に『戦場のピアニスト』で、アカデミー賞主演男優賞を受賞している。

「親密そうに寄り添って歩く2人の姿が印象的でした。私がカメラを向けた瞬間、動揺したのか、とっさに距離をあけてましたね」(撮影したカメラマン)

 撮影された場所は、ハリウッドスターの邸宅が多く立ち並ぶ街としても有名である。2人がハウスパーティの会場に入って行ったのは、3月18日(現地時間)の深夜1時ごろ。その約1時間30分後に、仲睦まじく会場から出てきたところを、撮影されたというわけだ。

「ブロディのアカデミー賞主演男優賞の最年少記録(当時29歳)は、いまだに破られていません。『グランド・ブダペスト・ホテル』や『プレデターズ』などで幅広い役柄を演じる傍ら、モデルとしても活躍しています。

 現在、彼は独身ですが、女性関係はだいぶ派手で、各国のモデルや女優などと浮き名を流す色男として、米国では知られています」(映画プロデューサー、以下同)

「なぜそんな大物俳優とローラ」が、と思ってしまうが、2人に接点がないわけではない。

「ローラはハリウッドでの女優業に興味を示している。以前、自力でハリウッドにアプローチしてオーディションに挑み、2016年公開の『バイオハザード:ザ・ファイナル』の役を勝ち取っている。ただ、出演時間はわずかの『チョイ役』でしたが……。

 一方のブロディは、プライベートでたびたび日本を訪れるなど、親日家の一面もある」

 かつては、「天然キャラ」を売りにバラエティで活躍していたローラだが、現在はアメリカを生活の拠点に。だが、稼ぎはしっかりあるようで……。

「年間で15社と契約し、CMだけで5億円を稼いでいた時期もありました。そのころと比べれば、さすがに収入は減っているはずですが、CM人気は根強く、年間1億円以上の収入はあるはず。

 現在インスタグラムでは、芸能人2位の約583万人ものフォロワーがいます。インフルエンサーとしての稼ぎも相当あるでしょうね」(広告代理店関係者)

 ハリウッド映画でも共演なるか? 

(週刊FLASH 2019年4月9日号)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網