戻る


老舗ヴィジュアル系CDショップ破産、ファンに衝撃

老舗ヴィジュアル系CDショップ破産、ファンに衝撃

写真拡大

ヴィジュアル系専門の老舗CDショップ「ライカエジソン」を運営する、株式会社ライカロリーポップが3月25日、破産手続きの開始を公式サイトで報告した。

サイトでは、合わせて原宿店が本日付けで閉鎖することも報告。予定されていたイベントなどについては、追って報告するという。

「ライカエジソン」は、ヴィジュアル系のCD発売にあわせて、握手会やトークイベントを多数開催し、イベント開催日は店から人があふれ出るほどの人気CDショップ。

今回の破産報告について、ファンからは「あのライカエジソンが破産?」「ヴィジュアル系の洋服ブランドが倒産するなか、とうとうライカまで…」「イベント参加したなぁ。」など、一時代を築いたショップだけに、ショックや悲しみの声が続々と上がっている。

☆「原宿店の閉鎖等について」全文(公式サイトより)

ライカエジソンの運営主体であった株式会社ライカロリーポップについて、本日午前10時に破産手続が開始されました。

株式会社ライカロリーポップ破産管財人である柴田義人弁護士は、破産手続の開始直後に、原宿店を除く株式会社ライカロリーポップの事業を株式会社フォーラムに譲渡したので、ライカエジソンの運営は、今後、株式会社フォーラムにおいて続けていくことになりました。残念ではございますが、原宿店については本日をもって閉鎖されました。長らくご愛顧いただいたお客様には心からお詫び申し上げます。

今後、原宿店で予定されていたイベント等については追ってご報告します。また、債権の届出等、破産手続については、破産管財人の事務所にお問い合わせください

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網