戻る


仏ディズニーランドで故障音を「攻撃」と勘違い、来園者がパニックに

フランス・パリ郊外にあるディズニーランド・パリ(2017年3月26日撮影、資料写真)。(c)BERTRAND GUAY / AFP

写真拡大

【AFP=時事】フランスのディズニーランド・パリ(Disneyland Paris)で23日、園内設備の故障音を来園者たちが武器による攻撃音と勘違いして、安全な場所へと逃げ惑う騒ぎがあった。

 ディズニーランドのスタッフによると、故障音は壊れたエレベーターかエスカレーターから発せられたものとみられ、一か所に殺到した来園者たちが折り重なって次々と倒れる事態も起きたという。

 騒動を目撃した女性によると「ものすごいパニックが起きた」という。「あの音を聞いた人たちはみんな、攻撃が発生したと思った。それから数分後、スタッフが私たちを裏口から退園させた。そこらじゅうに警官が配置されていた」

 この騒動について、フランス内務省はツイッター(Twitter)で「誤認警報と判明。治安部隊が脅威はないことを確認した」と発表した。

 パリの東方30キロほどに位置するディズニーランド・パリは、欧州有数の入場者数を誇る人気観光地となっている。

【翻訳編集】AFPBB News

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網