戻る


モーリー氏 TVで「80年代にコカインやった」 和田アキ子に叱られる

モーリー・ロバートソン氏

写真拡大

 ジャーナリストのモーリー・ロバートソン氏が24日、TBS系「アッコにおまかせ!」(日曜、前11・45)に出演。ピエール瀧容疑者(51)がコカイン摂取の疑いで逮捕された事件についての持論を語る際に、手をあげて「1回だけ80年代にコカインやったことあります」と発言した。

 モーリー氏は「そもそも、薬物と映画の歴史とか音楽の歴史とかは、切っても切れないところがある」と過去の世界的な事例を示し、「そこにあったすばらしい表現と薬物を切り離して、この人は薬が体に入ってなくても同じことができたかという議論そのものが不毛に思える」とした。

 そのうえで「薬物は全世界からみると、すぐそこにある。近くにあるんだからどう向き合っていくかを議論すべき」と唱えた後に、「1回だけ80年代にコカインやったことあります」と語った。

 司会の和田アキ子に「言わなくていい」としかられていた。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網