戻る


飛行機事故で亡くなったサラの元代理人、カーディフCEOを脅迫か

カーディフのCEOケン・チュー(写真:中央後ろ)

写真拡大

英紙「The Sun」の報道によれば、カーディフのCEOケン・チューはエミリアーノ・サラの元代理人ウィリー・マッケイからの脅迫を受けていたという。

カーディフはすでに警察に届け出ており、警察はマッケイを逮捕はしていないものの調査中である。

同紙の報道によれば元代理人はCEOに対し言葉で脅迫を行ったというが、エミリアーノ・サラの移動をオーガナイズしていたマッケイは、この脅迫の疑いを否定している。

いずれにせよ警察側がこの報道の内容を認め、21日(木)からマッケイを調査していることを公表している。

この元代理人はサラの移籍の手数料(移籍金の約10%)について対話する為に、今年2月にCEOがいるロンドンに訪ねようとしていたという。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網