戻る


メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

ジェリー・ディポトGM(C)共同通信社

写真拡大 (全2枚)

 85分間に及ぶ引退会見でイチローは、いくつもの興味深いコメントを残した。

作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

 例えば、「ダメだな、これを言うと問題になりそう」と言いつつ口にした、現在のメジャー野球を批判するような以下の発言である。

■「日本は頭を使う面白い野球を」

「本来、野球というのは頭を使わないとできない競技なんです。でも、そうじゃなくなってきている。それが気持ち悪い。日本の野球がアメリカの野球に追従する必要はまったくない。日本は頭を使う面白い野球であってほしいと思います」

 現在のメジャーにはデータ旋風が吹き荒れている。球団が選手の能力や評価を数字に変換し、チームづくりに活用。チームによっては、数学者や物理学者まで雇い入れている。彼らが収集、分析したデータに基づく用兵が首脳陣には求められるようになった。選手は選手で、投手なら軍事用レーダーによって計測された球の回転数や回転軸にまで口出しされ、打者は打ち出し角度やボールに対するバットの入射角を持ち出されて、「本塁打が出る確率が高い」とフライを打つことを推奨される。メジャー日本開幕戦でも見られた極端な守備シフトももちろんデータに基づいたもので、内野の間を抜けるはずの打球がアウトになるケースが飛躍的に増した。

「監督の采配能力や選手の技量より統計学や確率論が重視される。独自に磨き上げた圧倒的な技術でヒットを量産してきたイチローにとって、今のメジャーの野球や、人よりデータが上位に位置する現状は自らを全否定されるようなもの。ひとこと言わずにはいられなかったのだろう」(ア・リーグの国際スカウト)

■「シーズンごと」提案した大谷「新二刀流」プラン実現度

「シーズンごとに投手としてサイ・ヤング賞、打者として本塁打王をとったら……20勝して、次の年に50本塁打してMVPとったら化け物ですよ」

 イチローが提案した隔年で投手と野手を交互に務める大谷の新二刀流プラン。実現すれば、なるほど魅力的ではある。

 投手をしながら野手としても出場する現在のスタンスは倍の労力が必要で消耗も激しい割に、残る記録は中途半端。10勝と20本塁打を同時に達成することに価値はあっても、記録として残る10勝と20本という数字自体はいたって平凡だからだ。1年ごとに投げることで肩肘の消耗は抑えられるから、選手寿命も延びるかもしれない。

 が、実際問題として難しいのではないか。所属球団のエンゼルスにとっては、大谷の記録より何より勝利優先。1シーズンで10勝してなおかつ20本塁打、投げて打って1人2役でフル回転してくれることに、価値があり意味があるからだ。

 まして来季からは二刀流枠ができるから、その分、投手をひとり多くベンチに入れることができるようになる。ただでさえ戦力が不足しているエンゼルスは、大谷を最大限にフル活用しようとするに決まっている。

■「日本に帰れ!」と言ったのはファンだけじゃなかった

 イチローは米国のファン気質に関して、「最初は厳しかった。日本に帰れって、しょっちゅう言われた。けど、結果を残した後の敬意、言葉でなく行動で示したときの敬意は迫力がある」と言った。

 しかし、マリナーズ入団当初、イチローに罵声を浴びせたのはファンに限らない。主力のひとりはイチローが動くたびにゾロゾロと追い掛ける日本の報道陣に辟易、イチローに「家に帰れ!」と声を荒らげた。

 実戦で軽打を繰り返すイチローが「いつでも引っ張ることはできる」とコメントしたことを知った某主力は「いつでも強打できる? ここはリトルリーグじゃない」と吐き捨てた。

 イチローは口に出さなかったものの、結果を出すことで“身内”の雑音も封じていた。

■マリナーズ 特別コンサルタント就任打診の狙い

 マリナーズのジェリー・ディポトGMは「何らかの役職で残ってもらう。帰ってから話し合う」と、イチローを今後も球団に残すつもりだと話した。

 球団は功労者であるイチローに「球団特別コンサルタント」などの肩書を用意して最大限の敬意を払っていると言いたいのだ。

 しかし、これは単なるポーズに過ぎない。マリナーズとしては、ユニホームを脱いだかつての安打製造機をいつまでも抱えているメリットはない。長らくチームの顔を務め、球団ビジネスにも貢献してきた功労者をむげにするわけにもいかず、年収500万円程度の閑職を与えるということだ。

 もっとも、イチロー自身、球団の思惑は百も承知しているだろうし、本気で特別コンサルタントをやるとは思えないが。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網