戻る


三浦知良52歳25日で先発 無得点も「ピッチに立てたのはうれしい」

 後半、イバ(右)と交代しハグをかわす横浜FC・三浦知良

写真拡大

 「明治安田生命J2、横浜FC2−0岐阜」(23日、ニッパツ三ツ沢球技場)

 J2横浜FCの元日本代表FW三浦知良(52)が17年4月15日の町田戦以来約2年ぶりとなる先発出場を果たし、52歳25日で自身の持つJリーグ最年長記録を更新した。カズは「年齢のことを気にするとマイナスになってしまうが、しっかり準備をして、サッカーに対するリスペクトを持ってやりたいので、ピッチに立てたのはうれしいです」と率直な喜びを口にした。

 試合は今季初出場したカズのキックオフで開始。半袖ユニホームの背番号11は1トップに位置どった。前半29分にはゴール前のこぼれ球に反応したが、ボールタッチが流れ、相手のスライディングに阻まれた。最大の好機は同40分。MF渡辺の右クロスを頭で狙ったが、わずかに合わなかった。カズは「俺がボールに当てるんじゃなくて、向こうが俺の頭に当てるくらいの気持ちでセンタリング上げてもらいたいですね」と冗談めかして笑いを誘った。

 シュート0のまま期待されたゴールは生まれず、後半9分にFWイバと交代。大きな拍手に包まれてピッチを退いた。54分間のプレーを振り返り、「監督からは後半の5分から10分くらいと言われていた。そこまではチームをしっかり勝ちに持って行ける試合のまま、イバに交代できたらいいなと思っていた。後半に入ったら行けるかなと言う感覚があったので、もうちょと出たいなと気持ちも強くなったんですけど、でもイバにいい形で渡せた。自分は結果を出さないといけなかったんですけど、チームが勝つことがサッカーで一番大事なので、その最低限の仕事はできたかな」と充実感もにじませた。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網