戻る


甲子園に“忍者” 呉・沼田歩の生還シーンに「イチロー忍者再現」の声

 9回、眞田のスクイズで同点の生還を果たす三走の呉・沼田歩(左)=撮影・中田匡峻

写真拡大

 「選抜高校野球・1回戦、市和歌山3−2呉」(23日、甲子園球場)

 甲子園に“忍者”が現れた?呉の沼田歩外野手(3年)が、捕手のタッチをかいくぐり一時、同点の生還を果たした。

 1−2の九回1死三塁。真野倭内野手(2年)がスクイズした打球は、捕手前へ転がった。マスクを外して右手で捕球すると、走ってきた三塁走者の沼田歩にタッチを試みた。だが、沼田歩は打席付近でスルリとかわし、最後は右手から飛び込んで本塁に触れた。

 沼田歩は「捕手の前に転がったのでヤバイと思って、必死にタッチを避けようと思ったら、あのプレーになりました。普段の練習から避けたりすることはあります」と振り返った。

 21日に現役引退を発表したイチロー外野手は、メジャーで捕手のタッチをかいくぐり生還したことがあり「忍者」と呼ばれた。沼田歩のプレーもインターネット上では「イチローの忍者ホームイン再現か!」などの声があった。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網