戻る


デビューは12月!? トヨタ・アクア次期型はプリウスを超える燃費を実現?

【TNGAプラットフォームを採用、軽量化を実現】

トヨタの人気コンパクトPHV、「アクア」次期型に関する情報を入手しました。ついに初のフルモデルチェンジの時を迎え、どんな進化を見せるのか注目されます。

「アクア」は、2010年のデトロイトモーターショーで公開された「FT-CH」が起源となっています。その後2011年1月には「PRIUS C concept」へ進化、2011年11月に「アクア」という車名が決定され、翌月に発売されました。登場以来、燃費や価格、サイズ感など優れた実用性で、新車販売が4年連続で1位に輝くなど、大人気モデルの地位を確立しました。2014年12月、2017年6月と二度のマイナーチェンジが行われていますが、デビューから7年以上が経過し、ついに第二世代へバトンタッチされます。

次期型では、「TNGA」プラットフォームを採用し軽量化。5ナンバーのため全長は1.7mをキープしますが、居住空間がアップするとみられます。エクステリアデザインは、2013年東京モーターショーで公開された「プレミアムアクア」がベースと予想されており、エッジの効いたスポーティさと高級感が実現されます。

次期型予想CGでは、トヨタのCセグメントの流れを汲んだデザインに変更し、かつサイドのキャラクターラインで立体的なシルエットが表現されています。また、タイヤハウスを取り巻くラインでワイド感もアピール。フロントも大口径のグリルに存在感を持たせたシャープかつ大型二連のヘッドライトを装備。コーナーエアインテークから中央につながる羽型のデザインバーもポイントとなっています。

安全技術では、「レーントレーシングアシスト」「アダプティブハイビームシステム」「レーザーレーダー」「ローンサイドアシスト」など最新世代の「トヨタセーフティセンス」を装備するはずです。

次期型でも、現行モデル同様にハイブリッド専用モデルとなり、パワーユニットには1.5リットルNR型エンジン+電気モーターを搭載。燃費は現行モデルの38km/Lはもちろん、プリウスの40.8km/Lも超える43km/Lから45km/L程度が予想されています。また同ブランドの次世代4WD「E-Four」の設定も見込まれています。

ワールドプレミアは2019年内に期待されますが、ハイブリッドで低価格路線は変更されないと思われ、人気再熱は間違いないはずです。

(APOLLO)

デビューは12月!? トヨタ・アクア次期型はプリウスを超える燃費を実現?(http://clicccar.com/2019/03/23/725029/)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網