戻る


入れるだけでちょっとリッチに?「冷凍シーフードミックス」で作るお手軽ランチ

「もやし中華丼」/料理:伊藤朗子 撮影:澤木央子

写真拡大

料理に取り入れれば、簡単にアレンジを効かせられる冷凍シーフードミックス。今回は冷凍シーフードミックスを使った、ちょっとリッチに仕上げるお手軽ランチ5選を紹介します。

赤パプリカが鮮やかな見た目の「海鮮麻婆うどん」/料理:相田幸二 撮影:木村拓

■ もやし中華丼

【材料・2人分】

もやし 1袋、冷凍シーフードミックス 100g、にら 1/4わ、しょうがのみじん切り 1/2かけ分、にんにくのみじん切り 1/2片分、温かいご飯 小どんぶり2杯分、中華スープ(とりガラスープの素 小さじ1/2、水 1カップ)、オイスターソース 大さじ1/2、水溶き片栗粉(片栗粉 大さじ1、水 大さじ1と1/2)、ごま油、酒

【作り方】

1. シーフードミックスは解凍し、にらは4cm長さに切る。

2. フライパンにごま油小さじ1を熱し、シーフードミックス、しょうが、にんにくをさっと炒める。

3. シーフードの色が変わったらもやし、にらを加えて炒め、中華スープ、酒大さじ1を加える。野菜がしんなりしたらオイスターソースで調味し、水溶き片栗粉でとろみをつける。

4. どんぶりにご飯を盛り、3をのせる。

(1人分350Kcal、塩分1.3g)

程よくにらを散りばめれば、もやしがメインの本格的な中華丼ができあがります。水溶き片栗粉でとろみを増した中華スープが、白いご飯と絶妙にマッチ。しょうがとにんにくの風味が食欲を増進させる1品です。

■ 海鮮麻婆うどん

赤パプリカ、えび、ねぎの色合いが綺麗な麻婆うどん。シーフードミックスは、炒めた材料の香りが立った時がフライパンに加えるタイミング。香味野菜と香辛料が、体だけでなく心までポカポカにしてくれます。

■ 海鮮焼きそば

プリプリのえびと、モチモチした食感の焼きそばが相性抜群です。にんじん、絹さや、シーフードミックスの順で耐熱ボウルに入れ、麺は軽くほぐしてのせるとGOOD。味の決め手となるオイスターソースがうまみを引き立たせ、箸をどんどん進めてくれます。

■ シーフードのトマトあんかけご飯

あんかけの海から魚介が飛び出すボリューム満点なライス。火の通りやすいトマトと貝割れ菜は、さっと煮るのがポイントです。魚介のうまみにトマトを加えることで、あんかけご飯にあっさり感がプラス。

■ 豆苗とシーフードのパスタ

飾りで添える赤トウガラシで、見た目を可愛らしくすると◎。豆苗を炒める時は、しんなりとした状態になるまで炒めてください。塩とオリーブ油をメインに味つけするので、調理の手間もあまりかかりません。

ご飯ものからめん類まで、幅広い活躍を見せる冷凍シーフードミックス。冷凍庫に常備しておくと、助かるシーンは多いですよ。(レタスクラブニュース)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網