戻る


そういうところが原因なんじゃ…フラれた女の見苦しい行動9パターン

そういうところが原因なんじゃ…フラれた女の見苦しい行動9パターン

写真拡大

まだ気持ちが残っている相手と泣く泣く別れるハメになってしまったら、平常心でいられないのは当然でしょう。だからといってヤケを起こすと、新しい恋のチャンスに見放されてしまうかもしれないので、気をつけたいところです。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「そういうところが原因なんじゃ…フラれた女の見苦しい行動」をご紹介します。

【1】「誰とでもいいから付き合いたい!」と自暴自棄になる
「自分を安売りする人は彼女にしたくないです」(20代男性)というように、とにかく誰かと付き合いたいとやけくそになると、男性に敬遠されてしまうようです。「誰でもいいでは誰とも付き合えない」と肝に銘じて、冷静になりましょう。

【2】「浮気だけならまだしも実は変態で…」と大げさに元カレの悪口を広める
「どこまでが真実なのかはわからないけど、一度は付き合った男をそこまで悪く言えるなんて…」(20代男性)というように、元カレの悪評を吹聴しまくるのも、心証が良くないようです。結果として自分を貶めることにつながってしまうので、自制するに越したことがないでしょう。

【3】「リア充爆発しろ!」などと他人を妬む
「自分がフラれたからみんなも不幸になれっていう発想はちょっと…」(10代男性)というように、周囲の幸せそうな人をやっかむのは、貧しい考え方の持ち主だと告白しているようなものです。素直に「幸せそうでいいな…」と羨む姿のほうが、男性からは愛おしく見えるかもしれません。

【4】「私の気持ちなんて誰も分かりっこない!」と慰めようとする友人に逆ギレする
「完全に八つ当たりですよね…友達が気の毒」(10代男性)というように、自分の辛さは誰にも理解できないと思ったとしても、それを口に出すのは幼稚すぎるでしょう。慰めの言葉が心に届かなくても、「ありがとう」くらいは伝えたいところです。

【5】「死んじゃおうかな…」と周囲を心配させて気を引こうとする
「まわりの『死なないで』っていうリアクションを待っている感じが嫌」(20代男性)というように、同情をひくためにネガティブな発言を小出しにするのも、周りからウザがられそうです。むしろ、悲しみを押し殺して明るく振る舞おうとする女性のほうが、男性には興味を持たれるのではないでしょうか。

【6】「男なんてみんな同じでしょ!」と酒乱モードで男性を攻撃する
「そういうトゲのあるところが彼氏に嫌われたんじゃないの?と思いました」(20代男性)というように、酔った勢いでその辺の男性に悪態をつくのもまずいでしょう。たとえ男性不信になりかけていたとしても、無関係の人に絡むのは控えたいものです。

【7】「いい男紹介して!」と誰彼構わずしつこく頼み込む
「節操なさすぎでしょ…」(20代男性)というように、ガツガツと「次」を探す姿も、男性の目には浅ましく映るようです。いきなり紹介を頼むのではなく、飲み会や合コンなどに参加して、緩やかに出会いを探すところからはじめてみてはいかがでしょうか。

【8】「○○君を好きになればよかった!」とどさくさ紛れに告白じみたことをする
「ターゲットが自分に移った気がして、恐怖を感じた」(10代男性)というように、元カレへの恨みつらみを語った勢いで、目の前の相手にアタックするのも節操がないと思われるでしょう。たとえほのかに好意が湧いていたとしても、その場では「話に付き合ってくれてありがとう」などと感謝を述べるに留めたいものです。

【9】「寂しい…」と上目遣いで男性を誘惑する
「もう完全に誘ってんじゃん…軽すぎるでしょ」(20代男性)というように、あからさまに周りの男性を誘惑して、「尻軽女」のレッテルを貼られるパターンです。相手に大切にされたいのなら、簡単に心とカラダを許してはならないでしょう。

別れた直後は情緒不安定になり、普段ならありえないような行動を取ってしまうものですが、そんなときこそ、自分を律することが求められるでしょう。(外山武史)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網