戻る


不倫報道で「雨降って地固まる」に? 後藤真希と夫との“深い絆”

“夫婦両成敗”で元サヤに?(C)共同通信社

写真拡大

 元「モーニング娘。」のゴマキこと、後藤真希(33)が元恋人の一般男性(28)と不倫の末、夫が相手男性に330万円の損害賠償を求めて係争中であることを「週刊文春」が3月14日から2週間にわたり報じている。

不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

 ゴマキは文春の発売前日の13日に〈昨年、夫とは別の男性と関係がありました〉とブログで認めた上で謝罪。この流れだと、夫は不倫妻も訴えた上で離婚し、父親に親権が渡ることになりそうなものだが、そうはならなかった。ゴマキの謝罪で夫婦間の争いは収まったようだ。

「いやらしい見方になりますが、金銭的な問題が考えられそうです。仮に、夫がゴマキを訴えたとしても、相手男性と同じ慰謝料300万円程度しか請求できないはず。しかし、夫婦でいれば、それ以上の収入が見込めるかもしれません。だから“夫婦両成敗”という形にして、元のサヤに収まったのかもしれません」(芸能ライター・弘世一紀氏)

 最近のゴマキは活発に芸能活動をしていないが、2016年のブログ広告収入は400万円を超えた。今回の不倫騒動によって、今年はさらに収入が上回りそうだ。

 もっとも、ゴマキと夫の“深い絆”を指摘する向きもある。

 ゴマキが建築現場で働く今の夫と結婚式を挙げたのは15年2月のこと。参列した友人がこう振り返る。

「結婚式は、千葉県浦安市のオリエンタルホテル東京ベイでした。当日は、モーニング娘。のメンバーがたくさん参列するので、マスコミを警戒して多くの事務所関係者がホテル周辺を厳重に警戒していました。でも、チャペルがホテルロビーのど真ん中にあるので、その途中は一般客からも丸見えなんです(笑い)。さすがにモー娘。のメンバーはそこを歩きませんでしたが、それ以外の参列者はみんな地元の仲間ばかりでした」

 別の知人はこう語る。

「弟の祐樹くんも正装してましたけど、首に入れられた大きな鯉のタトゥーが丸見えで笑っちゃいました。2人の共通の友人は地元のヤンチャな仲間が多く、コワモテな人もたくさんいましたよ。でも、みんな根はいいヤツらです。旦那は緊張でガチガチでしたが、ゴマキは旦那よりも背が高くて堂々としてて、すっごいキレイだった。たまたまそこにいた人たちも俺らも全員、目を奪われる感じでした」

 ゴマキはブログで夫の年収を「300万円前後」と公表している。現在、ゴマキ一家はゴマキの建てた3階建てのビルに姉家族と、もう一人の姉、そしてゴマキファミリーの3世帯で暮らしている。もし離婚すれば、ゴマキの夫は住居と妻と収入を一度に失うことになる。

「夫婦だからいろいろなことがあると思いますけど、きっと2人は離婚したくないと思いますよ。良くも悪くも2人は裏表がなく、常に本音でぶつかり合っています。もともと地元の仲間だし、地元愛が強い2人なので、これで丸く収まってくれると期待しています」(前出の知人)

 ゴマキのブログに夫婦円満を示すような写真が掲載される日も近そうだ。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網