戻る


劣化して交換すると約60万円もかかることも! 電気自動車のバッテリーを長持ちさせるコツとは

リチウムイオンバッテリーはこまめに充電するのが良い

 電気自動車(EV)の販売がはじまって10年近くが経つが、この間、充電について社会の注目を集めてきたのは、急速充電器の充実である。それは、ガソリンスタンドの代替と考えたからだ。しかしEV充電の基本は、家庭などでの200ボルト(V)の普通充電。それによって、燃料(電力)補充のためわざわざ時間を割いてガソリンスタンドや急速充電施設へ出向かなくても済むことを意味する。

 そのことは、単に利用上の便利さだけでなく、搭載されるリチウムイオンバッテリーの長寿命化にもつながる話なのである。リチウムイオンバッテリーは、それまでのニッカド(ニッケル・カドミウム)やニッケル水素バッテリーのように、充電に際してメモリー効果がないのが特徴だ。

 メモリー効果とは、バッテリーの電気を使い切る前に充電をすると、使ったところまでの容量しか使用できなくなることを指す。つまり、本来の容量100%を使えなくなってしまうということだ。したがって、やむをえず電気を使い切る前に充電したいときは、一旦、電気を使い切ってから充電することが求められ、充電器にそうした機能が設けられていた。

 一方、リチウムイオンバッテリーは、電気を使い切る前に充電しても、本来の100%の容量を維持できるので、いつでも充電することができる。そこで、EVで帰宅したら充電するとか、出先でまだ電気が残っていても、仕事をしたりレストランで食事をしたりする数時間、普通充電器で少しずつ継ぎ足し充電をすることで走行距離を伸ばせるとともに、バッテリーを傷めずに済むことにもつながる。

充電コードにつなぎっぱなしで放置はNG

 つまりリチウムイオンバッテリーを劣化させにくい使い方は、充電できるときにしておくという充電方法なのだ。なおかつ、充電ケーブルをつなぎっぱなしにせず、使ったり充電したりを繰り返すこと。

 逆に、電気をほぼ使い切って、急速充電を繰り返すと寿命が短くなる。このことは、スマートフォンの充電についてもいえる。電気の残りが数パーセントとなるまで使い切って充電したり、充電コードにつなぎっぱなしで利用しないで置いておいたりすると、寿命を縮めかねない。充電できる機会にこまめに充電し、満充電にしっぱなしにしない携帯電話のような使い方が、リチウムイオンバッテリーの長持ちにつながるのである。

 EVの急速充電は、急な長距離移動や、遠路運転をし続ける際には必要だが、日常的には普通充電で細かく、ゆっくり充電する使い方がよい。それは家で寝ているときや、何か用事をしている最中に、ついでに充電をするという、暮らしに余計な負担や無駄を掛けない充電方法でもある。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網