戻る


コロンビア戦で“株を上げた人・下げた人”は? 森保J出場全16選手「アピール度査定」

コロンビア戦出場16選手のアピール度を査定【写真:AP&Noriko NAGANO】

写真拡大

アジアカップ後初のゲームとなったコロンビア戦出場16選手のアピール度を査定

 日本代表は22日にキリンチャレンジカップ・コロンビア戦に臨み、0-1で敗れた。

 アジアカップからメンバー13人を入れ替え、迎えた最初のゲームでA代表初選出のFW鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)をスタメン起用。ボールを56.8%と支配されるなか、相手の倍近いシュート16本を放つもネットを揺らせず。ここではコロンビア戦に出場した各選手のアピール度をチェック。4段階(◎→○→△→×)で評価した。

<GK>
■東口順昭(G大阪)=△

 コロンビアFWラダメル・ファルカオのPKに反応するも止め切れず。前半4分にはクロスバー直撃で救われ、ネットを揺らされた後半9分もファルカオのハンドで命拾いした。後方からのボール回しで相手のプレスにバタつく場面もあり、最年長としてチームを牽引できなかった印象だ。

(出場なし)
シュミット・ダニエル(仙台)
中村航輔(柏)

<DF>
■室屋 成(FC東京)=△

 室屋にとって、武器と課題の二面性を露呈した試合だった。前半24分に右サイドの裏のスペースに抜け出してクロスを上げるも、ゴール前の南野に合わせられず。対峙したコロンビアDFデイベル・マチャドの背後を突く抜け出しは効果的だった一方、それ以上にクロス精度や1対1のバリエーションの課題が目についた。守備でも前半30分にFWムリエルに股を抜かれてペナルティーエリア内への侵入を許しており、DF酒井宏樹(マルセイユ)の壁を超えるためには、攻守の課題を克服しなければならないだろう。

■冨安健洋(シント=トロイデン)=〇

 ファルカオへのくさびに鋭く反応し、簡単には前を向かせず。マッチアップ回数の多かったFWルイス・ムリエルにぶつかられても当たり負けしない力強さを見せた。相手のシュートコースに入った際、ボールが左腕に当たってハンドを取られてPKを献上したが、ファルカオら南米の雄が誇る実力者たちとの対戦は20歳の若武者にとって貴重な経験となったはずだ。

■昌子 源(トゥールーズ)=△

「今日はちょっと緊張した」と自ら振り返ったように、精彩を欠いた印象は否めなかった。特に、後半3分にペナルティーエリア内に侵入してきたコロンビアDFエリベルトン・パラシオスにスライディングで止めに行ったが空振り。後半21分にはFWムリエルの高速ドリブルについていけずに右サイドをぶち抜かれ、あわや失点というピンチを招いた。森保監督体制で初ゲームだったとはいえ、本来の実力を考えれば及第点には程遠い出来だった。

■佐々木翔(広島/→後半44分OUT)=△

 持ち前の空中戦では、対峙したFWセバスティアン・ビジャを迎撃した反面、前半22分には簡単にターンでかわされてゴール前にクロスを上げられるなど、地上戦の対応に課題を残した。同じサイドの中島に対するパスは成功率こそ高かったが、“安全策”の選択が多く、コンビネーションプレーは少なかった。

■安西幸輝(鹿島/←後半44分IN)=△

 後半44分にA代表デビュー。アディショナルタイムを含めて6分間の出場時間で、攻撃に絡んだのは1回。アディショナルタイム2分に左サイドを駆け上がり、中島からパスを受けてクロスを狙ったが、マーカーに阻まれた。佐々木よりも攻撃に迫力を出せる能力は垣間見せただけに、もう少し長い時間プレーしたところを見たいところだ。

(出場なし)
西 大伍(神戸)
三浦弦太(G大阪)
畠中槙之輔(横浜FM)

MF:「8番」中島が攻撃の中心に君臨 「10番」香川は途中出場でアピールできず

<MF>
■柴崎 岳(ヘタフェ)=〇

 A代表通算33試合目で初のゲームキャプテンを担当。所属クラブのヘタフェでは出番に恵まれないなか、積極的にプレスを仕掛け、ピンチでは気迫のスライディングを繰り出すなどハードワークを見せた。攻撃面ではセンターバックの間に落ちて、ビルドアップの起点に。ゴールにつなげられなかったとはいえ、前半35分にはサイドを駆け上がって堂安からのパスに対してクロスを狙う場面もあり、及第点の働きと言っていいだろう。

■山口 蛍(神戸)=△

 素早くボールホルダーに寄せて中盤のバランスをとるべく集中したプレーを見せたが、コロンビアのスピードに乗った波状攻撃に押し込まれる場面も……。攻撃面でも、神戸で見せているような縦パスやロングフィードは見られず、ロシアW杯以来の代表戦は不完全燃焼に終わった。

■堂安 律(フローニンゲン/→後半26分OUT)=△

 序盤からドリブルを仕掛け、自身よりも大きいコロンビアFWヘフェルソン・レルマのチェックを弾き飛ばすなど、フィジカルの強さを見せた。一方で、南野がフリーのなかで強引にフィニッシュに持ち込んだ場面もあり、カットイン&シュートはやや空回りした印象。中央への動きに偏る傾向もあるだけに、縦の選択肢も織り交ぜられれば理想だろう。

■中島翔哉(アル・ドゥハイル)=◎

 日本の攻撃の中心には間違いなく背番号8がいた。自慢のドリブルでコロンビアのマーカーが2人、3人といるなかをかいくぐり、次々とチャンスを創出。前半26分にはドライブ回転気味のミドルシュートでコロンビアゴールを脅かした。相手エースのハメスがピッチを去る際、自ら手を指し伸ばしてタッチをしていったことからも、強豪コロンビアに一番のインパクトを残した選手と言えるだろう。

■南野拓実(ザルツブルク/→後半34分OUT)=△

 前線から果敢にプレスをこなし、攻撃でも再三ゴール前に顔を出した。しかし、中島のスルーパスや室屋のクロスと息が合わず、後半6分のチャンスも枠内にシュートを飛ばせず。香川投入後は森保体制で初の1トップに回ったが、大きな仕事は果たせなかった。

■香川真司(ベジクタシュ/←後半20分IN)=△

 1点リードを許した場面で登場。南野に代わってトップ下に入ったが、好調の中島がボールを持って仕掛ける分、香川を経由した攻撃は決して多くなかった。南野、堂安、中島の若手トリオとどのように共存していくのか、トップ下で復権するうえでのテーマになりそうだ。

■乾 貴士(アラベス/←後半26分IN)=〇

 乾が入り、攻撃のスピード感が増した。後半33分には中島の背後を回って左サイドを駆け上がり、ゴール前にクロスを供給。後半アディショナルタイムに小林のシュートを演出した場面も、ギアを上げて縦に仕掛けたプレーが起点となった。途中出場で流れを変え、なおかつ“本職”ではない右サイドでの起用を考えれば及第点か。

■小林祐希(ヘーレンフェーン/←後半26分IN)=〇

 20分弱のプレー時間で“らしさ”を発揮。シンプルにボールを叩きつつ、ダイレクトヒールで中島とコンビプレーを見せたかと思えば、思い切ってミドルシュートを放ち、鎌田に絶妙な浮き球のパス(判定はオフサイド)を通すなど、約1年半の“代表ブランク”を感じさせない動きだった。

(出場なし)
宇佐美貴史(デュッセルドルフ)
橋本拳人(FC東京)

FW:A代表デビューの鈴木と鎌田、1トップとしてネットを揺らせずともに不完全燃焼

<FW>
■鈴木武蔵(札幌/→後半20分OUT)=△

 A代表デビュー戦は1トップで出場。DFジェリー・ミナ(身長195センチ)、DFダビンソン・サンチェス(身長187センチ)というコロンビアの屈強なCBコンビに苦しみつつも体を張り、起点になろうとする意志は窺えた。武器である裏への抜け出しも見られたが、前半37分のビッグチャンスでヘディングシュートを枠に飛ばせなかったのが何より悔やまれる。

■鎌田大地(シント=トロイデン/←後半34分IN)=△

 本職ではない1トップでA代表デビュー。オフサイドにはなったが、後半45分に小林の浮き球のパスに抜け出してペナルティーエリア内に持ち込むなど、裏を狙うタスクを遂行はしていた。本人は「もっと本当はボールに触りたいと思った」と吐露。いかにチャンスを増やせるかを課題に挙げていた。(Football ZONE web編集部・小田智史 / Tomofumi Oda)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網