戻る


スバル、最上級モデル「S209」日本投入はあるか


1月にSUBARUが北米国際自動車ショーで発表した、Sシリーズ初となるアメリカ市場向けモデル「S209」(写真:スバルグローバルメディアサイト)

SUBARUのスポーツブランド・STIが創立30年を記念し、ファンとの交流の場として「STIモータースポーツデー」(2019年3月10日:静岡県の富士スピードウェイ)を開催した。その際、STI社長の平川良夫氏に話を聞く機会を得ることができた。
東洋経済オンラインでは3月18日に、STIに求められる役割や今回のイベントの狙いについて平川氏へのインタビュー記事を配信した。後編では、今年1月に発表されたハイパフォーマンスモデル「S209」について、じっくり聞いていく。

北米S209はグローバル展開の第一歩

――何かと話題のS209についてお聞きします。1月に北米国際自動車ショー(通称:デトロイトショー)では、アメリカ専用モデルとして発表しました。となると、日本市場向けの別のS209があるのか、それとも日本向けにS210? はたまた22Bの後継が登場など、さまざまな噂があります。そのあたり、ズバリどうなのでしょうか。

北米S209については、いくつかの視点でお話しさせてください。第1に、Sシリーズをこれまで日本市場専用としてきたことは、本来のSTIの(あるべき)姿ではないと思います。


STI社長の平川良夫氏。富士スピードウェイのピットにて(筆者撮影)

例えば、(東京の)三鷹のSTI本社には小さいですがSTIギャラリーがありまして、30周年を機に建屋の中にある柱に好きなメッセージを書いてもらうようにしました。すると、ロシア、ドイツ、スペイン、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、南米の国など、各国のSUBARUファン、STIファンの声が実際に書き込まれています。

まさに、STIは市場において比較的壁がないことを証明していると思います。デトロイトでの北米S209の発表は、STIをグローバルに展開するための第一歩だと理解してください。

――排気量もグローバル化を念頭に2.5リッター、ということになるのでしょうか?

北米S209を、これまでの日本向けSシリーズ同様に2リッターにすることは技術的には問題ありません。ですが、5年、10年、15年とS209を使う中で、アフターサービスや部品供給の面で、お客様とディーラーにとってよりよい状況を優先するべきだと考えました。

一方、日本で2.5リッター化すると(北米とは逆に)お客様とディーラーが不便に感じてしまいます。ただし、(近いうちの)日本向けのSシリーズ導入について、可能性はゼロではない、とだけ申し上げておきます。


3月10日のイベントで、メインステージでのGTドライバーらのトークショーに聞き入るSUBARU/STIファン(筆者撮影)

――ほかにも意識していることはありますか。

日本と海外のお客様が、SUBARUとSTIを介して、(日常生活における)感動をシェアしていただきたい。近年、シェアリングというと時間軸での経済効率が優先する傾向が強い印象があります。(例えばSTIならば)500万円の新車を5人のオーナーでシェアする、といったイメージです。

これに対して、SUBARUが考えるシェアとは、自分たちの期待を超える感動をシェアすること。SNSなどの手段を通じて感動という情報をシェアしていただきたい。新たなる価値観の未来に向けた、SUBARUとSTIとしての強い意志を、これから初めてSUBARUに触れるかもしれない人にも提供したいのです。

シャワー効果を期待している

――次に、価格設定についてお聞きします。Sシリーズは、S208が710万円など、SUBARUブランドとしてはかなり高額の印象があります。一方で、今回お借りしたWRX STI TYPE RA-Rは462万8000円と、欧米のスポーツモデルなどと比べて、パフォーマンス的にも割安感があります。

SUBARUブランドとしては、(機能性、走破性などの面で)リーズナブルな価格領域での提供を心がけています。STIについても、SUBARUのリーズナブルさをお客様に強く感じてもらうことを重視しています。


S4とレヴォーグのSTIスポーツ(筆者撮影)

また、STIスポーツを、S4、レヴォーグ、BRZに設定して商品の付加価値を上げています。今年1月の東京オートサロンでコンセプトモデルとして発表した、インプレッサとフォレスターのSTIスポーツも順次市場に導入する予定です。そうした中で、(北米市場を含む世界市場で)Sシリーズには(SUBARU全体に対するイメージを拡散するような)“シャワー効果”を期待しています。

――Sシリーズを頂点としたSUBARUブランドの変革をSTIが担っていることが再認識できました。

皆さんはSUBARUのクルマについて、“安心と愉しさ”という言葉を聞くと思います。その定義は何だと思いますか? 

そこにあるのは、ワクワクとか、ゾクゾクといった単調な言葉では表現できない、自動車ブランドを超えた“血を共有する”ような、心の底から沸き立つ気持ちを共有することだと、われわれは考えます。Sシリーズをグローバルに展開することで、STIの次の成長につながると思います。

イマジネーションを持った業態

――では、最後にお聞きします。いまから30年後のSTIは、どのような姿になっていると思いますか。

そうですね……。(今回の)STI30周年の社内懇親会を東京ディズニーランドで行うのですが、いまから30年後の社内懇親会は、(アメリカ・フロリダ州オーランドのディズニーワールドの)エプコット・センターでやりたいですね。イマジネーションが人間にとって最も大事なこと。人間だから、イマジネーションできる。それが、エプコット・センターという施設のコンセプトだと、私自身は理解しています。

30年後のSTIは、いまよりも2倍、3倍、いや5倍以上の広がりがあるイマジネーションを持った業態になっていてほしい。そのためにいま、さまざまな意味でSTIの再構築を行っているのです。

******

私はこれまで、さまざまな立場でSUBARUやSTIと深く接してきた。2000年代初頭には、アメリカ西海岸でWRXを購入したこともある。今回、平川氏をはじめSUBARU/STI関係者の皆さんのお話を聞きながら、まさに走馬灯の如く、私自身のSUBARU/STI史を思い浮かべた。


今回試乗したWRX STI TYPE RA-R(筆者撮影)

富士スピードウェイからの帰路、関東南部は夜からかなり強い雨になったが、WRX STI TYPE RA-Rは実に走りやすかった。EJ20の最大出力は329馬力、S208と比較して約30kg軽く、0〜100km/h加速は4.8秒。そうしたパワーが無駄に拡散することはない。かなり濡れた路面でもグリップ感が極めて高く、しかも乗り心地がしなやか。軽量化のためアイサイトは未装着だが、走行中の安心感がとにかく大きい。

約20年前、当時アメリカでは日系改造車ブームが到来しSTIも正規輸入され、さまざまなチューニングカーに試乗した。あの頃、これだけ上質な乗り心地とパワーの両立を想定した人は誰もいなかったはずだ。いまから30年後のSTIはどのような感動を世界の人々に与えてくれるだろうか。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網