戻る


史上初の快挙! 19歳トゥルシンバエワがシニア初の4回転成功 母国女子初の銀メダル

4回転サルコーを成功させたエリザベート・トゥルシンバエワ【写真:Getty Images】

写真拡大

世界選手権女子フリー、カザフスタンの19歳が史上初の快挙

 フィギュアスケートの世界選手権は22日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)で3位だったエリザベート・トゥルシンバエワ(カザフスタン)は冒頭で4回転サルコーに成功。シニアでは国際スケート連盟(IUS)史上初となる4回転ジャンプに成功した。148.80点をマークし、合計224.76点で2位。カザフスタン女子史上初の世界選手権メダルを手にした。

 148センチと小柄なスケーターが歴史に残る大きな快挙をやってのけた。冒頭の4回転サルコーを見事に着氷。国際スケート連盟公認大会でシニア選手が決めるのは史上初だ。

 その後のジャンプも次々に成功。見事な演技で自己ベストを大きく更新した。

 カザフスタンのスケーターでは、昨年7月にデニス・テンさんが暴漢に襲われて急逝。世界選手権では男子も含め、2015年銅メダルのテンさん以来のメダル獲得となった。

 今季からはアリーナ・ザギトワ(ロシア)も師事するエテリ・トゥトベリーゼコーチの元で鍛錬を積むカザフスタンの19歳が歴史を作った。(THE ANSWER編集部)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網