戻る


ディズニー、フォックス買収完了 X-MENやデッドプールの今後は?

写真拡大

 現地時間20日、米ウォルト・ディズニー・カンパニーによる21世紀フォックスの買収が正式に完了した。これにより、マーベルスタジオを所有するディズニーが、20世紀フォックス(21世紀フォックスが抱える映画スタジオ)を獲得。フォックスが所有する『X-MEN』『デッドプール』『ファンタスティック・フォー』といったアメコミ作品の、マーベルスタジオ社長のケヴィン・ファイギが監修するマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)への合流が現実味を帯びてきた。

 今回の買収によって、X-MENやデッドプールのMCU入りが早くも期待されるが、The Hollywood Reporter によると、脚本が用意されファイギがGOサインを出さない限り制作はスタートせず、彼らがMCUデビューを飾るのは、少なくとも2021年以降になる見通し。『デッドプール』はライアン・レイノルズ主演のままシリーズが継続され、『X-MEN』シリーズはリブートされる可能性を報じている。

 『X-MEN』シリーズは現在、最新作となる映画『X-MEN:ダーク・フェニックス』(6月21日全国公開)とスピンオフ作品『ザ・ニュー・ミュータンツ(原題) / The New Mutants』(8月2日全米公開)の公開を控えている。そのうち後者については、大規模な再撮影といった製作上のトラブルが発生しており、劇場公開ではなく、米ディズニーが今年後半に立ち上げ予定のストリーミングサービス「Disney+」で配信される可能性もあるという。

 20世紀フォックスがR指定で展開する『デッドプール』に関して、Varietyなど各メディアは、ウォルト・ディズニー・カンパニー会長兼CEOのボブ・アイガーが、今年2月に行われた投資家向けの収支報告にて「我々はこの(R指定)ビジネスを続けるでしょう。(こうした映画には)確かに人気がありますから」と発言し、既存のマーベル作品との差別化を図るため、慎重にブランディングしていく構えであると報道。すでに、米ウォルト・ディズニー・カンパニー公式サイトのトップ画面にはデッドプールが登場しており、同社の有力コンテンツの一つになったことがうかがえる。またデッドプール役のライアンは、現地時間19日、ミッキーマウスの耳を付けたデッドプールの写真をTwitterに投稿しており、キャラクターの新たな門出を祝福している。デッドプールが将来的にMCU入りするのかも、注目ポイントとなるだろう。

 また『ファンタスティック・フォー』については、20世紀フォックスの下、同作のヴィランであるDr.ドゥームの単独映画が企画されていた。The Hollywood Reporter や Deadlineは、脚本を担当するノア・ホーリーが、現地時間12日にアメリカ・テキサス州で行なわれた映画・音楽・マルチメディアの複合的な大規模フェスティバルSXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)に出席した際、ケヴィンと面会したことを明かしたと報道。プロジェクトの正式なGOサインは出ていないものの、現在も話し合いが持たれていることがうかがえる。

 ちなみに、今回の買収でディズニーが得たのは、マーベルヒーローだけではない。ジェームズ・キャメロン監督が2009年に手掛けた映画『アバター』や、SF映画の金字塔である『エイリアン』シリーズ、人気テレビアニメ「ザ・シンプソンズ」などの所有権も獲得している。また一方で、ディズニーが21世紀フォックスの映画やテレビ部門の人員を削減するため、大規模なレイオフに着手したとVarietyなどの海外メディアが報じており、買収による混乱も生じている。(編集部・倉本拓弥)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網