戻る


タイで行方不明のベトナム人権活動家、ハノイの刑務所に収監確認 両国治安当局が連携し拉致?

<政治亡命のため渡航した国は、一党独裁の母国の治安当局と結託していた──>

タイのバンコクで2019年1月26日以降行方不明になっていたベトナム人の人権活動家でブロガーのトゥルオン・ドゥイ・ナット氏がベトナムの首都ハノイにある刑務所に収監されていることが3月20日に判明した。

ナット氏の家族が刑務所関係者から連絡を受けたもので、米政府系放送局「ラジオ・フリー・アジア(RFA)」が伝えた。

ナット氏の消息が明らかになったのは姿を消して以来初めてで、人権団体などでは「とりあえず所在が判明したことはよかった」としているが、タイでの行方不明に関してはベトナムの治安当局だけでなく、タイ警察当局も関係した可能性があり、今後タイ側の説明が求められることにもなりそうだ。

3月20日、カナダを活動拠点としているナット氏の娘、トク・ドアン・トゥルオンさんからRFAへ伝えられた情報によると、ハノイの刑務所関係者からナットさんの妻カオ・チ・クアン・プオンさんに連絡があったという。それによると、ナット氏は1月28日にバンコクで身柄を拘束され、その日のうちにハノイに移送され、それ以降刑務所に収監されているとの説明だったという。

ベトナム中部ダナン在住の妻プオンさんは3月20日にハノイの刑務所に駆けつけて夫ナットさんとの面会を求めたが、刑務所側は「ナット氏の件に関してはまだ捜査が終わっておらず、面会は許可できない」として拒絶されたものの、妻が持参した服や食料などの差し入れ品については受け取ったという。

拉致にタイ警察が関与した可能性も

ナット氏はベトナム国内での民主化要求や人権問題をRFAなどを通じて発信していたことから、当局による逮捕の可能性があるためタイに出国していた。

そしてバンコクにある国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)で政治難民としての手続きを1月25日に申請したことがわかっている。翌26日にバンコク北郊の大規模ショッピングセンター「フューチャー・パーク」のアイスクリームショップ付近で突然身柄を拘束され、以後消息が全く途絶えていた。

目撃証言などからナット氏の身柄を拘束したのはタイ警察の制服を着た人物だったことから、一時ベトナム治安当局者がタイ警察の制服を着用して拉致に及んだ可能性も指摘された。

しかしその後の状況やベトナム治安当局者、人権団体などの情報によると、ナット氏を直接拘束したのはタイの制服警察官で、拉致後にナット氏をベトナム治安関係者に引き渡したものとみられている。

刑務所側の家族への説明では「身柄を確保したのは1月28日」でその日のうちにハノイに航空機を使って運ばれ、「T-16 」という名称の刑務所施設に収監されたとしている。

こうした拉致後の素早い対応などから、タイとベトナムの治安当局間で連携があったことは確実であり、拉致も綿密に計画されたものとみられている。

ナット氏がUNHCR事務所に難民申請に行った直後の拉致でもあり、タイ入国直後からナット氏はベトナム、タイ当局による尾行などの監視を受けていたことは十分考えられるとしている。

大塚智彦(PanAsiaNews)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網