戻る


日経平均に連動して味が変わるコーヒー 日本経済新聞社が無料提供

日経平均のデータをリアルタイムで取得し、店頭に表示(イメージ)

写真拡大

日本経済新聞社(東京都千代田区)は2019年3月25日から29日まで、東京・日本橋の「コレド日本橋」1階のエントランススペースに特設コーヒースタンドをオープンする。

無料で楽しめるのは日経平均株価に連動して味が変わるコーヒー「NIKKEI BLEND(ニッケイブレンド)」だ。提供時間は9時から15時となっており、詳細は特設ウェブサイトから確認できる。

日経平均が上がるとこんな味に...

NIKKEI BLENDは、日経平均が前日終値よりも上がるほど「苦味が強く濃い味」になり、逆に下がるほど「酸味が強く浅い味」に変わる。店内には特製コーヒーマシンが設置されており、日経平均データに合わせて独自のアルゴリズムにより味や挽き方の異なる5種のコーヒー豆を自動でブレンド、抽出してくれる。

NIKKEI BLENDの味覚を通じて日経平均、さらには日本経済を実感し、より身近に感じてもらいたいという狙いがある。また同社が18年11月にリリースした「日経ARアプリ」の認知度向上も目的のひとつだ。

コーヒーを注ぐ紙コップには、当日の日経朝刊1面の一部が掲載され、コップを覆うスリーブには、その時の日経平均の実数値と、前日の終値が印刷される。「日経ARアプリ」を起動し、そのスリーブ内のマーカーをアプリで読み込むと、同社編集委員・鈴木亮氏の株式相場解説動画を見ることができる。

またイベント中の5日間、日経朝刊に毎日掲載される「NIKKEI BLEND」の広告内マーカーを「日経ARアプリ」で読み込めば、前日分の解説動画のアーカイブが見られる。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網