戻る


ボルボ全車、車内カメラ導入へ 2020年代初頭〜 飲酒/薬物使用者の危険運転に一石

@AUTOCAR

写真拡大 (全3枚)

安全性のリーダー 次の一手

ボルボ・カーズが、死亡重傷事故をなくすという目標に向けて、また新たな一歩を踏み出すことを明らかにした。飲酒/薬物使用による酩酊/注意散漫が引き起こす事故を、減らしていこうという試みである。

同社は、交通の安全を阻害する要因として、「飲酒や薬物使用による酩酊」および「注意散漫」といった2つの問題に注目。NHTSA(国家道路交通安全局)の統計では、2017年の米国における全交通死亡事故数の約30%が飲酒や薬物使用による酩酊が原因となるものだった。

ボルボ・カーズは今後、車内カメラやドライバーを監視するセンサーなどを設置していくと発表した。飲酒や薬物使用による酩酊または注意散漫であることが明らかなドライバーが、車両の発する警告信号に反応せず、死亡や重大な怪我に至る事故を起こす危険性がある場合は、運転に介入できるようにするのだ。

運転への介入には、「最高速度を制限する」、「Volvo on Callアシスタンス・サービスに警告を発する」、「そのクルマを自動で減速させて安全に駐車させる」ことが含まれる。

車内カメラの設置について、ボルボ幹部のコメント、導入時期についての情報が届いている。

次世代アーキテクチャーと同時導入

同社のヘンリック・グリーン研究開発担当上級副社長は、次のように語っている。

「安全性に関して言えば、事故が差し迫り、避けられないときの影響を緩和するという方法ではなく、事故を完全に回避することがわたし達の目的です。そのために、カメラを通じて死亡事故や重大な怪我を引き起こす可能性のある行動を監視するのです」

このような危険を招く行動の例としては、「長時間にわたりステアリングの操作が全くない」、「ドライバーが長い時間にわたり目を閉じているか路面を注視していない」、「走行中の車線を逸脱するほどの蛇行運転をする」、あるいは「反応時間が極端に遅い」などが挙げられる。

2020年代初頭の次世代スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー2(SPA2)プラットフォームの導入と同時期にすべてのボルボ車にカメラが導入されるという。カメラの正確な台数や車内のどの位置に設置するかについては、これから明らかにしていく予定だ。

本日の発表は、既報の「最高速度は180km/hに ボルボのすべての新型車、2020年から」とともに、ボルボの安全哲学の新しい形として注目を集めるだろう。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網