戻る


山口真帆 怒りの連続ツイート「なんで嘘ばかりつくんでしょうか。本当に悲しい」

NGT48の山口真帆

写真拡大

 新潟市内で行われているAKS運営責任者のAKS運営責任者の松村匠取締役氏らの会見を受け、NGT48の山口真帆(23)が22日、自身のツイッターを連続で更新。「なんで嘘ばかりつくんでしょうか。本当に悲しい」と怒りを爆発させた。

 第三者委員会の報告書では、今回の事件には直接的な関係はないが、12人のメンバーがファンと私的な交流をしていたと明らかにされた。山口は「報告書に記載もないのに繋がりには挨拶も含まれるというのは勝手な解釈です」とつづり、「他のファンには公表できないような、特定のファンとの私的交流を繋がりと言うのはメンバーのみならずファンの皆さんも認識していると思います。証拠がないと仰っていますが、犯人グループとの交際を認めたメンバーもいます」と続けた。

 さらに「なんで嘘ばかりつくんでしょうか。本当に悲しい」とも投稿。「松村匠取締役が当初言うように考えた文章です」とし、「今回は皆様を騒がせて申し訳ありません。色々話してスッキリしたこともありますし 誤解してたこともあります。これがきっかけになったらと思います。頑張りますので、どうぞ応援よろしくお願いします。」と書かれた文章を画像で添えた。実際に、山口は1月10日のデビュー3周年記念公演に気丈に出演し、「たくさんお騒がせして申し訳ありませんでした」と謝罪した。

 山口は「他のメンバーに謝らせることはできないから、謝るしかなかったけど、スッキリも誤解もしていないし、どうしてもこの言葉は使いたくないと違う文章を考えて何度も交渉しました」と収まらない憤りを爆発させた。

 これらの投稿以前にも、山口は「私は松村匠取締役に1月10日の謝罪を要求されました」などとツイート。これに対し、松村氏は会見で、「メンバーなので、こういう事実、謝罪を強要することは一切ありません」ときっぱり。続けて「(報告書の内容には)納得していないんだなということは推測できる。引き続き話し合っていくしかない」と話していた。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網