戻る


年収1000万円を稼ぐ人の1日の労働時間は? 稼げない人と何が違うのか

年収1000万円を稼ぐ人の1日の労働時間は? 稼げない人と何が違うのか

写真拡大

 一見好調な日本経済だが、一方で“稼ぐ者”と“稼げない者”の貧富の格差が広がっているとの指摘もある。では、稼いでいる人の働き方とは? 取材班は20代、30代、40代、50代の各世代の年収1000万円プレイヤーたちに総力取材を敢行した。

◆年収1000万円を稼ぐには労働の多寡ではなく“強み”が必要

 大手企業の冬のボーナスが史上最高(平均約95万円)を記録し、有効求人倍率も45年ぶりの高水準を迎えるなど、日本経済が好調だ。では、果たして今後の見通しは? ニッセイ基礎研究所の斎藤太郎氏は動向を次のように解説する。

「過去20年間の日本の平均賃金の動きを見ると、バブル崩壊後の’90年代後半から10年以上下落が続き’13年に底をつけています。その後はアベノミクスによって少しずつ上がってきているのが現状。物価も上がりそうですが、まだしばらく賃金は上昇していくと思われます。同様に高収入の一つの基準である“年収1000万円以上”の人の割合も高まるでしょう」

 国税庁の「民間給与実態統計調査」から労働人口に対する年収1000万円以上の人の割合を算出すると、ほぼ賃金の推移と同様の動きで、’13年から増加傾向にあることがわかる。他方、今年4月には「改正出入国管理・難民認定法」が施行され、外国人労働者の受け入れが本格的に拡大される。日本人労働者への影響は?

「これまでは、“高度人材”のみ受け入れていましたが、今回の法改正で“単純労働”での受け入れも認められるようになりました。つまり、同じ仕事内容をより低賃金でやる人が増えるということ。すると、企業や日本経済全体にとっては好影響ですが、相対的に賃金水準が高い国内の労働者には、賃金低下や職自体を失う危険性も生じるわけです」

 つまり我々の未来は決して安泰ではないのだ。では、今後も生き残る人=稼ぐ力を持っている人とそうでない人は何が違うのか。これまでに1万人以上の人材を見てきたヘッドハンターの夏目俊希氏は次のように分析する。

「世代によっても異なり、例えば30代なら、基本スキル+会社が求めることを理解して実行するマネジメント能力。40代は会社にとって唯一無二の存在であることが挙げられます。しかしなにより1000万円プレイヤーたちに共通するのは、それこそマネジメントなのか、アイデアを出すことなのかといった“自分の強み”を理解し、それを武器にしていることですね。営業一つとってみても、新規開拓とルート営業とで得意不得意の違いがあるわけですから」

◆稼ぐ人の労働時間は一般の平均とほぼ同じ

 稼げない人の共通点は何か。

「会社に不満を持っているのに、愚痴を言うだけで行動しない。あるいは、仕事に対して疑問を抱かず“働き蟻”になってしまっているのも共通点として挙げられます」

 では、それらを踏まえたうえで、各世代の1000万円プレイヤーたちの仕事との向き合い方は?

「20代の場合、大手志向とベンチャー志向の二極化が進んでいます。そして転職のフットワークが軽く、趣味や女性に対する意欲も旺盛な人が多いですね。デキる30代は残業や飲み会が多いなかでも、自分のスキル獲得に積極的。出世や転職を意識した立ち回りをしています。40代、50代はある程度の規模の会社にいればそれだけで到達する場合もありますが、その中でもデキる人たちは会社への提言も活発で、マネジメント能力も優れています。家族との向き合い方も上手ですね」

 さらに具体的に働き方を明らかにすべく、各世代の1000万円プレイヤー100人にアンケートを実施。一日の労働時間を聞くと、全世代で約10時間という結果になった。

==========
Q.一日の平均労働時間は?
20代 10.09時間
30代 10.17時間
40代 10.35時間
50代 9.9時間
==========

 これは、日本人の一日の平均労働時間が約9時間のため、さほど変わらない。つまり高収入に至るには時間以外の要素が大きいということになるようだ。

【斎藤太郎氏】経済評論家
ニッセイ基礎研究所経済調査室長。日本経済研究センターの「ESPフォーキャスト調査」で過去7回優秀フォーキャスターに選出

【夏目俊希氏】ヘッドハンター
ピープルディレクション代表。製薬会社、人材サービス会社などを経て現職。これまでに1万人以上のキャリア支援をした実績を持つ

アンケート協力/エコンテ
― 世代別[年収1000万円]男の働き方 ―

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網