戻る


オナラが出てしまったときのひと言9パターン

オナラが出てしまったときのひと言9パターン

写真拡大

当たり前ですが、レディの前ではオナラをしてはいけません。しかし、彼女の前で一生オナラを我慢するのは難しいですし、勝手に出てしまうことがあるのも事実です。問題は、放出後のリカバリー能力。一人前の男ならば、状況に応じたとっさのひと言で気まずさを回避できるはずです。そこで今回は、9パターンの「オナラが出てしまったときのひと言」を紹介いたします。

【1】「失礼。」
オナラが出てしまった後のひと言は、基本的に「謝罪」「認めない」「ウケを狙う」の3つが考え方のベースとなります。そのうち、「失礼。」はレストランや映画館などで出てしまったときに相応しい謝罪のひと言です。強く、短く、真面目に謝ることで誠実な印象を与えるため、イジリにくい雰囲気を作ることができるはずです。

【2】「楽しくて気が緩んでしまいました。」
実行犯としての説明責任を果たすカタチで謝罪する方法です。他には「最近、お腹が張っておりまして。」など。故意ではないことを素直に説明すれば、陪審員(周りの人)から理解を得られやすいはずです。

【3】「出ちゃった・・・」
単なる結果報告ですが、不安な表情で伝えることで事故だということをリアルにアピールできるセリフです。結果、その後の謝罪を受け入れてもらいやすくなり、同情してもらうこともできるでしょう。

【4】「・・・(黙秘)」
完全にしらばっくれて、幻聴だと思わせる方法。出てしまったときの感覚で、無臭だと確信したときにオススメです。上手くいけば、無事にやり過ごすことができるでしょう。

【5】「オマエか? 最初に匂いに気づいた人が犯人だっていうよね。」
黙秘の発展系。オナラが出た後に自分は黙っていて、最初に「臭い。」と言った人に責任を取らせる方法。合コンなど、その場にいる人数が比較的多い状況で効果を発揮するでしょう。

【6】「具は出てないから大丈夫!」
使い古された寒いウケ狙いのフレーズですが、『場を和ませようとしている』という意図をわかりやすく伝えられるというメリットがあります。つまり、女性がリアクションをしやすくなるという意味では、大変優れたひと言だといえるでしょう。

【7】「逃げて!」
謝罪や弁解よりも、まずは女性に迷惑をかけないことが大事。そんな配慮が込められた微笑ましいセリフが「逃げて!」です。オナラが出てしまったときの感覚で臭そうだと思ったら、必ず移動を促してあげることがマナーでもあるはずです。

【8】「俺のオナラは、いい匂いだから大丈夫。」
お父さんレベルの貫禄と経験がないと言えないオヤジギャク。妙な自信を感じさせるため、相手の「嗅いでみたい」という好奇心を刺激することが可能。深いコミュニケーションを楽しみたいときには言う価値のあるセリフです。

【9】「やべっ! マナーモードにするの忘れてた!」
あえて意図が通じづらいギャグでウケを狙いつつ、相手に考えさせることで匂いから意識を遠ざけるパターン。他には「リーーチ!(具が出る直前です)」などがあります。しかし、タイミングを間違えると普通にスベるので、上級者向けの方法だといえるでしょう。

他には、オナラが出てしまったらどんなひと言を発するべきでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(浅原 聡)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網