戻る


イチロー「野球を愛した」現役生活 最高の日は「今日」

会見で引退を発表したイチロー(撮影・園田高夫)

写真拡大

 米大リーグ・マリナーズのイチロー外野手(45)=本名鈴木一朗=が21日、都内ホテルで引退会見を開いた。

 この日、東京ドームで行われたアスレチックス戦には9番右翼で出場。試合後、球団を通じて引退を正式発表し、イチローは「私は日本とアメリカにおいて、野球の中で多くの夢をかなえてきました」「日本とアメリカのファン両方に、そして、私を支えてくれた全ての人に感謝します」などとコメントした。

 日本での開幕シリーズでは、多くのファンの声援を浴びた。現役生活で貫いたことを問われ、「野球を愛したこと。これは変わらなかった」ときっぱり。印象に残った日については「今日が一番。それを除くとしたら、何だろう。いろんな記録に立ち向かってきたが、そういうものはたいしたことではない。自分にとって、それを目指してやってきたが、いずれそれは、僕ら後輩が先輩たちの記録を抜くことはしなくてはいけないが、そのことにそれほど大きな意味はない。そういうことを今日の瞬間を体験すると、小さく見えてしまう」と振り返った。

 会見では引退決断のタイミングや理由を問われ、「キャンプ終盤ですね。日本に戻ってくる何日前ですかね。何日前かお伝えできないが、終盤に入ったとき。もともと日本でプレーするところまでが契約上の予定ということもあったが、キャンプ終盤でも結果が出せず、それを覆すことができなかった」となどと語った。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網