戻る


G-SHOCK「MUDMASTER」、新たなカーボンコアガード構造の「GG-B100」

画像提供:マイナビニュース

写真拡大

カシオ計算機は3月20日、スイスのバーゼルで開幕を迎えた時計と装飾の祭典「BASELWORLD 2019」に合わせて、G-SHOCK MASTER OF Gシリーズ「MUDMASTER(マッドマスター)」から、新モデル「GG-B100」を発表した。日本では2019年7月に、税別45,000円で発売される予定だ。

MUDMASTERは、陸上での過酷な環境で役立つ防塵・防泥構造を備えたモデル。今回の新モデルでは、2019年のG-SHOCKにおけるトレンドのひとつ、カーボン素材を採用している。軽量かつ高剛性のカーボンを生かした新開発の「カーボンコアガード構造」を身にまとい、重さ約92gという軽量化も実現した。ボタンガードのない外装デザインが特徴的で、ケースのほかベゼルと裏ぶたにもカーボンを用いている。

ケースとボタンの間には、泥の侵入を防ぐフィルターを装備。こちらも新しい防塵・防泥構造となり、高い気密性を保っている。

内蔵センサーによって、方位、気圧・高度、温度を高い精度で計測可能。さらに、加速度センサーによって歩数を計測できる。高度と歩数の計測値から、昇降を加味した消費カロリーを算出する機能もある。

スマートフォンとBluetoothでつながる「モバイルリンク機能」にも対応。スマートフォンアプリを使って、消費カロリーを管理したり、時刻修正などが行える。GG-B100で取得した高度と、スマートフォンのGPS機能で取得した経路をリンクさせて、アプリ上に自動記録したりと、陸上での活動をサポートする。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網