戻る


止まらないレトロゲーム機復刻ブーム NEOGEO、プレステ、スーファミの次は?

【任天堂 ニンテンドークラシック ミニ スーパーファミコン】

写真拡大

 今、往年の名ゲーム機がミニ化し、復刻を遂げている。その理由を書評やゲームコラムを手がける、卯月鮎氏はこう語る。

「’16年、『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ』が発売され予想を超える大ヒット。翌年の『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』も発売から3か月で400万台という驚異のセールスを記録したことで、ミニ化復刻ゲーム機のニーズが明らかになり、各メーカーが続々と参入しました」

◆ポップなデザインが愛おしいアーケード筐体デザイン!

 ほかにはどんなゲーム機が復刻したのか? まずは格闘ゲームファンから絶大な支持を集めた「NEOGEO mini」。

「3.5インチの液晶が搭載されているので、テレビに出力しなくても、これ1台でそのまま遊べます。40タイトル収録でボリュームもたっぷり。’90年代の格ゲーブームに青春を捧げた人たちにはタイムカプセルのような存在です」

【SNK NEOGEO mini】
『ザ・キング・オブ・ファイターズ』や『メタルスラッグ』などの名作が並ぶ。手のひらサイズで、部屋に飾っても見映えがする。コントローラー(別売)でもプレイできる
実勢価格:9600円
本体重量:390g
本体サイズ:W108×D135×H162(mm)
収録タイトル数:40

◆家庭用ゲーム機の革命児が名タイトルとともに復活

 お次は、「プレイステーション クラシック」だ。

「『ファイナルファンタジーVII インターナショナル』や『女神異聞録ペルソナ』など遊び込める大作RPGから『I.Q IntelligentQube』や『ミスタードリラー』『XI〔sái〕』などカジュアルなパズルゲームまでバランスよく内蔵。ゲーム初心者もコアなファンも楽しめる内容になっています。いわゆる次世代機戦争を勝ち抜いた歴史的なハードで、ゲームファンならメモリアルアイテムとして入手しておきたいゲーム機です」

【SIE PlayStation Classic】
初期型プレイステーションが、ほぼそのままコンパクトに。『メタルギアソリッド』や『バイオハザード』などの人気シリーズから、『ミスタードリラー』など懐かしタイトルも内蔵
実勢価格:7699円
本体重量:約170g
本体サイズ:約W149×D105×H33(mm)
内蔵タイトル数:20

※数量限定発売につき、店頭にはない可能性があります。予めご了承ください

◆オリジナルサイズのコントローラーで当時の感覚を懐かしめる

 3つ目は記録的ヒットを叩き出した「ニンテンドークラシック ミニ スーパーファミコン」だ。

「『スーパーマリオワールド』『スーパーストリートファイターII』『FFVI』など、スーファミ期を代表するメガヒットソフトが勢揃い。当時お蔵入りになった幻のソフト『スターフォックス2』が収録されているのは、任天堂の粋な計らいですね」

【任天堂 ニンテンドークラシック ミニ スーパーファミコン】
コントローラーはオリジナルを完全再現。バーチャルコンソール化が難しかったスーパーFXチップを搭載したソフト『スーパーマリオ ヨッシーアイランド』も収録している
実勢価格:8090円
本体重量:199g
本体サイズ: 約W110×H40.5×D133(mm)
収録タイトル数:21

 そんな懐かしのゲーム機は、今年も続々と発売が予定されている。

「北米市場ではスーファミを抜いてシェアトップを取ったこともある名ハードの復刻版『メガドライブ ミニ』に注目しています。セガの看板タイトル『ソニック』シリーズはもちろん、当時メガドライブでしか遊べなかった、カルトでマニアックなタイトルの収録を期待したいですね。『タイニーアーケード』にも注目。『パックマン』『ギャラクシアン』『ギャラガ』『ディグダグ』が発売予定ですが、他のタイトルももっと出てほしいところです」

 レトロゲーム機の復刻ブームはまだまだ続くのだろうか?

「今後は、音ゲーやUFOキャッチャーなど、アーケード筐体の復刻版が登場するかも。復刻版ゲーム機から目が離せませんね」

<文/加藤純平 撮影/八尋研吾>
※実勢価格は、’19年2月15日時点でのSPA!編集部調べ

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網